レノファ山口2018年シーズンの戦略・フォーメーションを読む

2018年シーズン

昨シーズンはJ2で20位と降格争いに加わる事になってしまったレノファ山口。2018年シーズンはどのような展開になるだろうか。
その戦略・フォーメーションを予想してみたい。

2018年シーズンの移籍情報

 
IN
藤嶋 栄介 GK サガン鳥栖 26歳
山下 敬大 FW 福岡大学 21歳
大崎 淳矢 MF 徳島ヴォルティス 26歳
廣田 隆治 MF ガイナーレ鳥取 24歳
オナイウ 阿道 FW 浦和レッズ 22歳
高木 大輔 FW 東京ヴェルディ 22歳
坪井 慶介 DF 湘南ベルマーレ 38歳
瀬川 和樹 DF モンテディオ山形 27歳
楠本 卓海 DF 東京国際大学 22歳
ミン キョンジュン DF 清州大学 20歳
丸岡 満 MF セレッソ大阪 22歳

OUT
和田 昌士 FW 横浜F・マリノス 20歳
レオナルド ラモス FW カフェタレロス・デ・タパチュラ 28歳
小塚 和季 MF アルビレックス新潟 23歳
パク チャニョン DF カマタマーレ讃岐 22歳
加藤 大樹 FW ツエーゲン金沢 24歳
宮城 雅史 DF 京都サンガF.C. 27歳
星 雄次 DF 大分トリニータ 25歳
マルセロ ビダル MF 未定 27歳
アベル ルシアッティ DF 未定 24歳

新加入選手の中で筆者注目は浦和レッズから加入したオナイウ阿道だ。
持前の身体能力を活かしたプレーを見せる事が出来るであろうか。
 

2018年シーズンのフォーメーション予想

 
FW   オナイウ  高木
   (大石 (岸田)
MF     大崎
 丸岡      小野瀬

    佐藤  高柳

DF  ミン  渡辺  坪井

GK     村上

昨シーズンの攻撃陣の主戦力であった、和田、小塚が移籍したことに伴い、前線の選手も大きく入れ替わる事になるだろうと思われる。
またディフェンスのベテラン坪井にもまだまだ活躍して欲しいと考える。
2018年シーズンのレノファ山口はどのような戦いを見せてくれるのだろうか。開幕が非常に楽しみである。




Jリーグ各チームの移籍情報・フォーメーションのご紹介

北海道エリア
コンサドーレ札幌
東北エリア
ベガルタ仙台|モンテディオ山形
関東エリア
鹿島アントラーズ|柏レイソル|ジェフ・ユナイテッド千葉|浦和レッズ|大宮アルディージャ|FC東京|東京ヴェルディ|川崎フロンターレ|横浜Fマリノス|横浜FC|湘南ベルマーレ
北信越・東海エリア
アルビレックス新潟|松本山雅FC|ヴァンフォーレ甲府|清水エスパルス|ジュビロ磐田|名古屋グランパス
関西エリア
ガンバ大阪|セレッソ大阪|京都サンガ|ヴィッセル神戸
中国エリア
サンフレッチェ広島|ファジアーノ岡山|レノファ山口
四国エリア
愛媛FC|徳島ヴォルティス
九州エリア
アビスパ福岡|サガン鳥栖|V・ファーレン長崎|ロアッソ熊本


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA