柏レイソルの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

2020年シーズン

久々のJ1復帰となった柏レイソルの2020年シーズンのフォーメーションを予想してみたいと思います。

2020年シーズンの主な移籍情報

IN
キム スンギュ GK 蔚山現代FC 29歳
三原 雅俊 MF ヴィッセル神戸 31歳
北爪 健吾 DF 横浜FC 27歳
三丸 拡 DF サガン鳥栖 26歳
呉屋 大翔 FW ガンバ大阪 26歳
仲間 隼斗 MF ファジアーノ岡山 27歳
神谷 優太 FW 湘南ベルマーレ 22歳
戸嶋 祥郎 MF アルビレックス新潟 24歳
大南 拓磨 DF ジュビロ磐田 22歳
高橋 祐治 DF サガン鳥栖 26歳
鵜木 郁哉 FW 柏レイソルU-18 18歳
細谷 真大 FW 柏レイソルU-18 18歳
井出 敬大 DF 柏レイソルU-18 18歳
松本 健太 GK 東洋大学 22歳

OUT
ユン ソギョン DF 釜山アイパーク 29歳
キム ボギョン MF 全北現代モータース 30歳
菊池 大介 MF アビスパ福岡 28歳
村田 和哉 FW レノファ山口FC 31歳
中川 寛斗 MF 湘南ベルマーレ 25歳
田上 大地 DF アルビレックス新潟 26歳
増嶋 竜也 DF ジェフユナイテッド千葉 34歳
宮本 駿晃 DF モンテディオ山形 20歳
中川 創 DF ジュビロ磐田 20歳
猿田 遥己 GK ガンバ大阪 20歳
杉井 颯 DF ツエーゲン金沢 19歳
手塚 康平 MF 横浜FC 23歳
田中 陸 MF レノファ山口FC 20歳
橋口 拓哉 DF FC岐阜 25歳
ガブリエル MF フラメンゴ 30歳
上島 拓巳 DF アビスパ福岡 22歳

2020年シーズンのフォーメーション予想

FW     江坂   オルンガ
     (呉屋)

MF マテウス・シャビオ       クリスティアーノ
 (瀬川)
     ヒシャルジソン  大谷
          (三原)

DF 古賀   染谷   鎌田   川口
          (大南)
GK        中村
        (キム)

久々のJ1復帰となった柏レイソル。
昨シーズン終盤に大活躍したオルンガ、またクリスティアーノ、マテウス・シャビオという外国人選手の活躍に期待がかかるでしょう。

またガンバ大阪から加入のFW呉屋大翔、ジュビロ磐田から加入のDF大南拓磨にも期待がかかりますね。
J1の舞台でどこまでの成績を収める事が出来るのか、今シーズンの柏レイソルの戦いに注目していきたいですね。


2019年シーズン

柏レイソルの2019年シーズンのフォーメーションを考えてみたいと思います。

2019年シーズンの主なフォーメーション

FW   クリスティアーノ  オルンガ
         瀬川
MF     ガブリエル
(江坂)
 菊池          小池
    ヒシャルジソン  大谷

DF   古賀  染谷  上島
      (鎌田)

GK      中村

日本のクラブチームなのか?と一瞬考えてしまうような前線の配置ですが、
外国人選手を中心に攻撃陣が固められそうな気がしています。
一人一人のポテンシャルが非常に高そうなメンバーですので、やはりJ1で戦うべきチームのような気がします。
瀬川、小池の若手選手の活躍に期待したいですね。




2018年シーズン

柏レイソルの今シーズンの戦略を考えてみたい。
2018年シーズンはどのようなメンバー・フォーメーションでリーグ戦を戦っていくのでしょうか。

近年柏レイソルの若手選手が目覚ましく活躍している。
Jリーグの理念に則り、下部組織による若手選手の育成が上手く循環しているように感じられるからだ。
現在トップチームに所属する選手のうち、レイソルユース出身の選手の割合はどれほどか皆さんご存知だろうか?
その数10名以上。昨シーズン後にユース出身選手が数人移籍する事になったが今、年新たにユースから昇格する選手を含めるとさらに数が増える事となる。
つまり約半数が下部組織出身の選手で構成されているのだ。最近日本代表にも選出されたゴールキーパーの中村航輔を初め、ディフェンスラインから中盤の選手のほぼ全ての選手がレイソルアカデミー出身の選手なのだ。

言い換えるとクリスティアーノのような助っ人外国人選手を除くとスターティングメンバーのほぼ全てが下部組織出身の選手ということになる。
このような構成のチームはJリーグ全体を見渡しても非常に稀なケースではないかと思われる。
そしてそのメンバーで昨シーズンはJリーグ5位と上位に食い込む成績を残している。

Jリーグが創設されて25年ほど経つがこれまでの間にアカデミーで育て上げた選手が今になって花開き活躍しているという事だろう。

最近では横浜マリノスで活躍している山中選手のように、レイソル下部組織からトップチームへデビューし、さらに他のJリーグクラブへ移籍し主力として活躍する選手も増えてきているのだ。

ただ、当然のことながら選手育成も非常に大切であると同時に、プロのクラブチームである以上はリーグ優勝などのタイトル獲得を目指していかなければならない。

2018年シーズンの主なフォーメーション

FW  クリスティアーノ 中川
          (江坂)
MF ハモンロペス     伊藤

     大谷  小泉
        (キム)
DF ユン  中谷  中山  小池
    (古賀)
GK       中村

J2昇格即優勝のシーズン以降は中位で停滞しているイメージのある柏レイソル。
現メンバーはディフェンス陣をはじめとして非常に若いチームであると言えるためいろいろな意味での経験値の積み増しが必要になるだろう。
しかしこのまま良い方向で経験値を積み上げていけば、チーム力の底上げにつながり、レイソルアカデミー主体のチームで優勝する可能性もあり得るのではと見ている。

今シーズンの柏レイソルの戦いに要注目だ。




Jリーグ各チームの移籍情報・フォーメーションのご紹介

北海道エリア
コンサドーレ札幌
東北エリア
ベガルタ仙台|モンテディオ山形
関東エリア
鹿島アントラーズ|柏レイソル|ジェフ・ユナイテッド千葉|浦和レッズ|大宮アルディージャ|FC東京|東京ヴェルディ|川崎フロンターレ|横浜Fマリノス|横浜FC|湘南ベルマーレ
北信越・東海エリア
アルビレックス新潟|松本山雅FC|ヴァンフォーレ甲府|清水エスパルス|ジュビロ磐田|名古屋グランパス
関西エリア
ガンバ大阪|セレッソ大阪|京都サンガ|ヴィッセル神戸
中国エリア
サンフレッチェ広島|ファジアーノ岡山|レノファ山口
四国エリア
愛媛FC|徳島ヴォルティス
九州エリア
アビスパ福岡|サガン鳥栖|V・ファーレン長崎|ロアッソ熊本




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA