サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読む

9fa31299de3d78b7a22a0edb084663cb s - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読む

イングランド代表

プレミアリーグを中心としたヨーロッパトップリーグで活躍する選手が揃い、非常に実力のあるチームと言えるでしょう。

イングランド代表直近の主な招集選手一覧

England 代表直近の主な招集選手
選手年齢身長体重所属チーム
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むS. Johnstone28193 cm85 kgウェスト・ブロムウィッチ
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むJordan Pickford28185 cm77 kgエバートン
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むアーロン・ラムズデール24188 cm77 kgアーセナル
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むアレクサンダー=アーノルド24175 cm69 kgリヴァプール
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むベン・チルウェル26178 cm77 kgチェルシー
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むC. Coady29185 cm75 kgウォルヴァーハンプトン
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むリース・ジェームズ23183 cm82 kgチェルシー
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むハリー・マグワイア29194 cm100 kgマンチェスターユナイテッド
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むT. Mings29196 cm77 kgアストン・ビラ
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むジョン・ストーンズ28188 cm70 kgマンチェスターシティ
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むカイル・ウォーカー32178 cm70 kgマンチェスターシティ
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むフィル・フォーデン22171 cm70 kgマンチェスターシティ
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むC. Gallagher22クリスタル・パレス
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むK. Phillips27178 cm72 kgリーズ
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むエミール・スミス・ロウ22182 cm79 kgアーセナル
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むジュード・ベリンガム19186 cm75 kgボルシア・ドルトムント
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むタミー・エイブラハム25190 cm80 kgASローマ
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むハリー・ケイン29188 cm86 kgトッテナム
England - サッカーイングランド代表のベストメンバー・フォーメーションを読むブカヨ・サカ21178 cm65 kgアーセナル


2022カタールワールドカップ

欧州予選突破を決めたイングランド代表。本大会はどのようなメンバーで臨む事になるのでしょうか。

現状の予想フォーメーションです。



オフェンス陣にはハリー・ケイン(トッテナム)、フィル・フォーデン(マンC)、FWスターリング(マンC)など、プレミアリーグで活躍するスター選手が揃います。
4-3-3、4-2-3-1、3-4-3 など 対戦相手により使い分ける事になりそうですね。

EURO 2020

イングランド代表 vs クロアチア代表

2020 国際Aマッチ

EURO2020予選  イングランド代表 vs モンテネグロ代表




ロシアワールドカップ

ロシアワールドカップのフォーメーション

ロシアワールドカップでの主なフォーメーションです。

FW    ヴァーディー    スターリング
.     (レスター)  (マンチェスターシティ)

MF      リンガード   チェンバレン
.   (マンチェスターユナイテッド)(リヴァプール)

.  アシュリーヤング          トリッピアー
.(マンチェスターユナイテッド)       (トットナム)
.          ダイアー
.         (トットナム)
DF
.   ターコウスキ   ストーンズ   カイルウォーカー
.  (バーンリー)(マンチェスターシティー)(マンチェスターシティ)

GK          バットランド
.          (ストーク)

長年イングランド代表を引っ張ってきたルーニーが引退し、アマチュアリーグからプレミアリーグへのし上がってきたシンデレラボーイのヴァーディーに期待がかかるでしょう。

またチーム全体として、以前はマンチェスターユナイテッド、リヴァプール所属の選手が中心になっていた代表チームもマンチェスターシティ、チェルシーなどのクラブが台頭したことにより、徐々にメンバー選考も変わってきた感がありますね。

果たしてイングランド代表はロシアワールドカップではどのような成績を残す事になるのでしょうか。



世界主要国の代表チームのメンバー・フォーメーション







ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向

スコットランドリーグ
セルティックFC
ベルギーリーグ
シント=トロイデンVV




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。