名古屋グランパスの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

2020年シーズン

マッシモフィッカデンティ監督で迎える名古屋グランパスの2020年シーズン
タイトル獲得に向けどのようなフォーメーションで戦う事になるのか考えてみたいと思います。

2020年シーズンの主な移籍情報

IN
金井 貢史 DF サガン鳥栖 29歳
相馬 勇紀 FW 鹿島アントラーズ 22歳
マテウス FW 横浜F・マリノス 25歳
山崎 凌吾 FW 湘南ベルマーレ 27歳
秋山 陽介 DF ジュビロ磐田 24歳
阿部 浩之 MF 川崎フロンターレ 30歳
稲垣 祥 MF サンフレッチェ広島 28歳
吉田 晃 DF 九州国際大学付属高校 18歳
三井 大輝 GK 名古屋グランパスU-18 18歳
石田 凌太郎 DF 名古屋グランパスU-18 18歳

OUT
松岡 ジョナタン FW ラインメール青森FC 19歳
杉森 考起 MF 徳島ヴォルティス 22歳
和泉 竜司 MF 鹿島アントラーズ 26歳
深堀 隼平 FW 水戸ホーリーホック 21歳
榎本 大輝 MF 徳島ヴォルティス 23歳
伊藤 洋輝 MF ジュビロ磐田 20歳
山田 康太 MF 横浜F・マリノス 20歳
櫛引 一紀 DF サンフレッチェ広島 26歳
赤崎 秀平 FW 川崎フロンターレ 28歳
新井 一耀 DF ジェフユナイテッド千葉 26歳

相馬勇紀、山崎凌吾、阿部浩之など、即戦力の日本人選手を多く獲得しています。
和泉竜司選手の鹿島アントラーズへの移籍が決まっています。

2020年シーズンのフォーメーション予想

FW     ジョー   山崎
         (長谷川)

MF ガブリエルシャビエル      前田
  (マテウス)       (阿部)
  エドゥアルド・ネット  ジョアンシミッチ
   (米本)    (伊藤)

DF 吉田    中谷   丸山   宮原
(大田)

Gk       ランゲラック

昨シーズンから助っ人外国人の主力メンバーは大きく変更がないようですね。
注目は湘南ベルマーレから加入する山崎凌吾でしょう。ジョーらと構成するオフェンスは高さの面でも非常に脅威となるでしょう。
オフェンス陣は特に個の能力が高いメンバーが揃っているため、監督の手腕の見せ所と言えるでしょう。


2019年シーズン

外国人選手を中心に強力な選手補強が進む名古屋グランパス。
風間監督は今シーズンをどのような戦略・フォーメーションで戦うのでしょうか。

2019年シーズンのフォーメーション予想


FW     ジョー   長谷川

MF ガブリエルシャビエル      前田
  (和泉)
  エドゥアルド・ネット  ジョアンシミッチ
   (米本)
DF 吉田    中谷   丸山  宮原
(大田)
Gk       ランゲラック

今シーズンからJリーグが外国人枠の拡大を決めたためジョー、ガブリエルシャビエル、エドゥアルド・ネット、ランゲラックなど有力な外国人選手が同時に出場可能になり、対戦チームにとってはグランパスの攻撃陣はより一層の脅威となるでしょう。
ガブリエルシャビエル、エドゥアルドネットを初めとして、ポゼッションの高いサッカーを展開するのではないでしょうか。
若手のディフェンスラインの成長も楽しみですね。



2018年シーズンの動向

久々にビッグネームの移籍ニュースが飛び込んできました。
以前イングランドプレミアリーグの名門クラブであるチェルシーでも活躍し、ワールドカップブラジル大会にも出場した元ブラジル代表のジョーがJ1名古屋グランパスに加入するとの事です。

筆者はこのニュースを聞いて、真っ先に日本経済好景気により、メインスポンサーであるトヨタ自動車が相当潤っているんだなと感じてしまったのですが、いずれにせよレベルの高い選手がJリーグに入ってくることは日本サッカー界にとってもいいことには違いないですね。

名古屋グランパスは昨季J2降格を経験して、その後見事1年でJ1に返り咲いており、来シーズンはその勢いに乗って以前に柏レイソルが成し遂げたような昇格即J1優勝まで登りつめたいところでしょう。

アジアチャンピオンズリーグの出場権を獲得する事も現実的な目標と考えられます。
そうなると即戦力となるフォワードを確保しておきたいところだが、ジョーという選手は「元」ブラジル代表ではあるがまだ30歳であり、今後数年は十分な活躍が見込めるのではないかと思われます。

少し余談となりますが、身長190センチのフォワードと聞いて、連想したのはかつて東京ヴェルディや浦和レッズで活躍したワシントンですね。
ワシントンも非常に大柄だが、足元の技術に長けJリーグに適応した名プレーヤーと言っていいでしょう。
プレー映像等を見ても、ワシントンに劣らぬパフォーマンスを発揮する事は間違いないと考えられます。

2018年シーズンの主なフォーメーション

FW      ジョー
     (佐藤)
MF 青木      ガブリエルシャビエル
          (玉田)
    和泉   小林

      長谷川

DF 秋山  櫛引  菅原  宮原

Gk     ランゲラック
     (楢崎)

風間監督のポゼッションサッカーの戦術も徐々に浸透しつつある状況で、大宮に移籍したシモビッチの穴を埋めるテクニカルなターゲットマンを獲得できた事は大きいでしょう。
昨季途中から活躍したガブリエルシャビエルとのコンピネーションは相手チームにとって脅威となるだろうと思います。

しかし懸念されるのは長年に渡っても攻守の中心として活躍した主力のボランチ田口が移籍した事ですね

空いたボランチのポジションにはユーティリティ性の高い宮原和也や若手の成長に期待したいところだが、以前在籍していた闘莉王のようなディフェンスの核になるような選手が欲しいとフロントも感じているのではないでしょうか。
当たり前の事ですが点をたくさんとっても、失点が増えれば勝ち点は積み増せないですね。
この点フロント陣の今後の戦略にも注目でしょう。




Jリーグ各チームの移籍情報・フォーメーションのご紹介

北海道エリア
コンサドーレ札幌
東北エリア
ベガルタ仙台|モンテディオ山形
関東エリア
鹿島アントラーズ|柏レイソル|ジェフ・ユナイテッド千葉|浦和レッズ|大宮アルディージャ|FC東京|東京ヴェルディ|川崎フロンターレ|横浜Fマリノス|横浜FC|湘南ベルマーレ
北信越・東海エリア
アルビレックス新潟|松本山雅FC|ヴァンフォーレ甲府|清水エスパルス|ジュビロ磐田|名古屋グランパス
関西エリア
ガンバ大阪|セレッソ大阪|京都サンガ|ヴィッセル神戸
中国エリア
サンフレッチェ広島|ファジアーノ岡山|レノファ山口
四国エリア
愛媛FC|徳島ヴォルティス
九州エリア
アビスパ福岡|サガン鳥栖|V・ファーレン長崎|ロアッソ熊本




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA