浦和レッズの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

浦和レッズはどのようなサッカーをするのか?

Jリーグサガン鳥栖戦のダイジェストです。

gifbanner?sid=3463476&pid=885906472 - 浦和レッズの戦略は?メンバー・フォーメーションを読むJ1リーグ戦、ぜんぶ、生! スカパー!簡単申込
 

2020年シーズン

2019年シーズンはまさかの14位という順位で終えた浦和レッズ、再度上位進出をねらうためにどのような戦略・フォーメーションをとってくるのでしょうか。

2020年シーズンの主な移籍情報

IN
伊藤 涼太郎 MF 大分トリニータ 21歳
レオナルド FW アルビレックス新潟 22歳
武田 英寿 MF 青森山田高校 18歳

OUT
池高 暢希 MF カターレ富山 19歳
大城 蛍 DF ガイナーレ鳥取 19歳
井澤 春輝 MF 鹿児島ユナイテッドFC 20歳
山田 直輝 MF 湘南ベルマーレ 29歳
オナイウ 阿道 FW 横浜F・マリノス 24歳
茂木 力也 DF 愛媛FC 23歳
森脇 良太 DF 京都サンガF.C. 33歳
岩舘 直 GK 未定 31歳

伊藤涼太郎のレンタル復帰が決まっています。
また森脇良太、オナイウ阿道の移籍が決まっています。

2020年シーズンのフォーメーション予想

FW       レオナルド
     (興梠、杉本)

MF  武藤         マルティノス
 (伊藤)
      柏木 長澤
.     (青木、エヴェルトン)
. 山中           橋岡
.(宇賀神)

DF   槙野  マウリシオ   岩波

Gk       西川

新加入のレオナルド、伊藤涼太郎には昨シーズンの不振の原因となった得点力不足を解消するために、活躍が期待されるでしょう。
浦和レッズの2020年シーズンの行方が非常に楽しみですね。


2019年シーズン

浦和レッズのメンバー・フォーメーションを予想してみようと思います。
監督交代が続く中、どのような戦略を考えているのでしょうか。

2019年シーズンのフォーメーション予想

2019年シーズンのフォーメーション予想は以下の通りです。

FW      興梠
     (杉本)
MF  武藤        マルティノス

     柏木 長澤
.    (青木、エヴェルトン)
. 山中          橋岡
.(宇賀神)       (森脇)
DF   槙野  マウリシオ   岩波

Gk       西川

新加入の杉本健勇にはワントップとしての活躍に期待がかかるでしょう。
MFでは柏木、長澤につぐ新たなゲームメーカーの成長に期待したいところですね。




2018年シーズン

今年の浦和レッズはJリーグ制覇は逃したもの、ACL制覇、クラブワールドカップ準々決勝進出とまずまずの成績を残してきたのだが、それでも多くのレッズサポーターはこの結果には満足していないだろう。
やはりJリーグタイトルを取りに行きたいとフロントも考えているはずだ。

2018年シーズンの移籍情報

【主な加入選手】
・岩波拓也 ← ヴィッセル神戸
・山田直樹 ← 湘南ベルマーレ
・マルティノス ← 横浜Fマリノス
・武富孝介 ← 柏レイソル

【主な移籍選手】
・梅崎司  → 湘南ベルマーレ
・高木俊幸 → セレッソ大阪
・矢島慎也 → ガンバ大阪
・ラファエルシルバ → 中国2部クラブ

今年の夏に堀監督が就任し、12月になりすぐに山田直樹がベルマーレ平塚からレンタル復帰する事が発表された。
堀監督がユース監督を任されていた頃からの教え子であるため戦術浸透度が高く、即戦力としてカウント出来る選手といえるだろう。

ヴィッセルから加入予定の岩波に関しては、鹿島アントラーズの昌子や植田と同世代で世代別代表でも競い合ってきた逸材の一人だ。
現時点で日本代表選考からは漏れてはいるものの、今後の活躍次第では招集される可能性のある選手ではないかと考えている。
レッズディフェンス陣もよりフレッシュなメンバーを加える事で世代交代に備えておきたいところだろうか。

梅崎、高木、矢島に関しては能力は十分なものの、出場機会を求めての移籍だろうと思われる。
戦力ダウンは必須だと考えられるが、本人のさらなる成長のためにも致し方ない面はあろう。

2018年シーズンの主なフォーメーション

FW      ズラタン
     (興梠、李)
MF  山田        興梠
 (武藤)     (マルティノス)
    柏木    長澤
       阿部

DF  宇賀神  槙野  遠藤   森脇
   (マウリシオ)(岩波)
Gk       西川

昨年度のリーグ戦失点数を考えると、ディフェンス陣のてこ入れが必要になりそうだが、こちらはどのような展開になるだろうか。昨季途中加入のマウリシオと岩波がチームにフィットすればより強固なディフェンスが築ける事であろう。

いかがだろうか。ACL出場などで手にした営業収入は80億円を超えるといわれる今期の浦和レッズ。
まだまだ来シーズン開始までには時間があり、オフェンスの選手が移籍により流出している状況のため、フロント陣はさらなる補強を考えていてもおかしくはない。




Jリーグ各チームの移籍情報・フォーメーションのご紹介

北海道エリア
コンサドーレ札幌
東北エリア
ベガルタ仙台|モンテディオ山形
関東エリア
鹿島アントラーズ|柏レイソル|ジェフ・ユナイテッド千葉|浦和レッズ|大宮アルディージャ|FC東京|東京ヴェルディ|川崎フロンターレ|横浜Fマリノス|横浜FC|湘南ベルマーレ
北信越・東海エリア
アルビレックス新潟|松本山雅FC|ヴァンフォーレ甲府|清水エスパルス|ジュビロ磐田|名古屋グランパス
関西エリア
ガンバ大阪|セレッソ大阪|京都サンガ|ヴィッセル神戸
中国エリア
サンフレッチェ広島|ファジアーノ岡山|レノファ山口
四国エリア
愛媛FC|徳島ヴォルティス
九州エリア
アビスパ福岡|サガン鳥栖|V・ファーレン長崎|ロアッソ熊本




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA