セレッソ大阪の戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

2020年シーズン

2019年はJ1 5位の成績で終えたセレッソ大阪
2020年の戦略・フォーメーションを考えてみたいと思います。

まずは移籍情報を整理してみましょう。

2020年シーズンの主な移籍情報

IN
アン ジュンス GK 鹿児島ユナイテッドFC 21歳
小池 裕太 DF シント=トロイデンVV 23歳
山田 寛人 FW FC琉球 19歳
秋山 大地 MF モンテディオ山形 25歳
坂元 達裕 MF モンテディオ山形 23歳
島村 拓弥 MF 京都サンガF.C. 20歳
庄司 朋乃也 DF 大分トリニータ 22歳
豊川 雄太 FW KASオイペン 25歳
喜田 陽 MF アビスパ福岡 19歳
前川 大河 MF アビスパ福岡 23歳
山内 寛史 FW FC町田ゼルビア 24歳
永石 拓海 GK レノファ山口FC 23歳
吉馴 空矢 MF セレッソ大阪U-18 18歳
西尾 隆矢 DF セレッソ大阪U-18 18歳
藤尾 翔太 FW セレッソ大阪U-18 18歳
松本 凪生 MF セレッソ大阪U-18 18歳
田平 起也 DF 神戸弘陵学園高等学校 18歳
西川 潤 MF 桐光学園高等学校 17歳

OUT
ソウザ MF アルイテファク 31歳
田中 亜土夢 MF 未定 32歳
丸岡 満 MF 未定 24歳
ポンラヴィチュ MF BGパトゥン ユナイテッドFC 19歳
圍 謙太朗 GK 松本山雅FC 28歳
舩木 翔 DF ジュビロ磐田 21歳
斧澤 隼輝 MF ギラヴァンツ北九州 21歳
水沼 宏太 MF 横浜F・マリノス 29歳
森下 怜哉 DF 松本山雅FC 21歳
丹野 研太 GK 川崎フロンターレ 33歳
福満 隆貴 MF アビスパ福岡 27歳
大山 武蔵 MF 未定 21歳
藤本 康太 DF 引退 33歳

世代別日本代表の中心選手であるMF 西川潤が加入します。
活躍が非常に楽しみですね。

2020年のフォーメーション予想


FW    奥埜   ブルーノメンデス
         (柿谷)

MF 清武          豊川
(高木)         (西川)
    藤田   レアンドロ

DF 丸橋  木本  マティヨニッチ  松田

GK        キム

オイペンから加入する豊川雄太、西川潤には期待がかかるでしょう。
セレッソ大阪U-18から加入する若手選手の活躍にも期待したいですね。
2020年シーズンのセレッソ大阪の戦いに注目していきたいです。


2019年シーズン

セレッソ大阪の2019年の戦略・フォーメーションを考えてみたいと思います。

まずは移籍情報を整理してみましょう。

2019年シーズンの主な移籍情報

【IN】
ポンラヴィチュ MF BGパトゥン ユナイテッドFC 18歳
タワン FW BGパトゥン ユナイテッドFC 19歳
レアンドロ デサバト MF CRヴァスコ ダ ガマ 29歳
ブルーノ メンデス FW デポルティーボ マルドナド 24歳
藤田 直之 MF ヴィッセル神戸 31歳
奥埜 博亮 MF ベガルタ仙台 29歳
圍 謙太朗 GK アビスパ福岡 28歳
都倉 賢 FW 北海道コンサドーレ札幌 32歳
丸岡 満 MF レノファ山口FC 23歳

【OUT】
ヤン ドンヒョン FW アビスパ福岡 33歳
茂庭 照幸 DF FCマルヤス岡崎 37歳
森下 怜哉 DF 栃木SC 20歳
永石 拓海 GK レノファ山口FC 23歳
田中 裕介 DF ファジアーノ岡山 33歳
酒本 憲幸 DF 鹿児島ユナイテッドFC 34歳
米澤 令衣 FW 鹿児島ユナイテッドFC 22歳
岸本 武流 FW 徳島ヴォルティス 21歳
喜田 陽 MF アビスパ福岡 18歳
庄司 朋乃也 DF 大分トリニータ 21歳
前川 大河 MF アビスパ福岡 22歳
山口 蛍 MF ヴィッセル神戸 28歳
杉本 健勇 FW 浦和レッズ 26歳
山村 和也 MF 川崎フロンターレ 29歳
沖野 将基 MF ブラウブリッツ秋田 22歳
オスマル MF FCソウル 30歳
チャウワット MF バンコク・グラスFC 22歳

2019年のフォーメーション予想


FW   都倉  ブルーノメンデス
       (柿谷)
MF 清武       水沼
(高木)
   奥埜  ソウザ

DF 丸橋 木本 マティヨニッチ 松田

GK      キム

山村、杉本、山口の主力選手が移籍したことにより、チームの攻撃力低下が懸念されます。
新加入のブルーノメンデス、都倉には即戦力としての期待がかかるでしょう。




2018年シーズンの動向

2017年シーズンはJ1で3位 ルヴァン杯優勝、天皇杯優勝と過去最高成績を収めたと言っても過言ではないセレッソ大阪。

まずは移籍情報を整理してみましょう。

2018年シーズンの主な移籍情報

【IN」
魚里 直哉 MF 関西学院大学 22歳
チャウワット ヴィラチャード MF バンコク・グラスFC 21歳
ヤン ドンヒョン FW 浦項スティーラーズ 31歳
田中 亜土夢 MF HJKヘルシンキ 30歳
高木 俊幸 FW 浦和レッズ 26歳
安藤 瑞季 FW 長崎総合科学大学附属高等学校 18歳
片山 瑛一 FW ファジアーノ岡山 26歳
山田 寛人 FW セレッソ大阪U-18 17歳
中島 元彦 FW セレッソ大阪U-18 18歳
永石 拓海 GK 福岡大学 21歳

【OUT】
阪本 将基 MF 鹿児島ユナイテッドFC 21歳
圍 謙太朗 GK アビスパ福岡 26歳
椋原 健太 DF ファジアーノ岡山 28歳
岸本 武流 FW 水戸ホーリーホック 20歳
清原 翔平 MF ツエーゲン金沢 30歳
池田 樹雷人 DF 愛媛FC 21歳
温井 駿斗 DF 栃木SC 21歳
アン ジュンス GK 鹿児島ユナイテッドFC 19歳
関口 訓充 MF 未定 32歳
丸岡 満 MF レノファ山口 22歳

メディアを賑わせた高木俊幸、田中亜土夢は即戦力としての期待がかかるでしょう。
高卒新人の安藤瑞季に関してもJリーグの舞台でどの程度通用するのか注目してみたい。

2018年の主なフォーメーション

主なフォーメーションは以下の通りです。

FW   柿谷  杉本
       (ヤン)
MF 清武       水沼
(高木)     (田中)
   山口  ソウザ
      (山村)
DF 丸橋 木本 マティヨニッチ 松田

GK      キム

前線の柿谷、杉本、清武、また中盤の山口等、日本代表経験選手を中心とした攻撃力はリーグ随一と言ってもいいでしょう。
山村に関してはどのポジションで起用されるか不透明ではあるが、その恵まれたフィジカルを活かし、ボランチやフォワードとしての起用が増えるのではないでしょうか。




Jリーグ各チームの移籍情報・フォーメーションのご紹介

北海道エリア
コンサドーレ札幌
東北エリア
ベガルタ仙台|モンテディオ山形
関東エリア
鹿島アントラーズ|柏レイソル|ジェフ・ユナイテッド千葉|浦和レッズ|大宮アルディージャ|FC東京|東京ヴェルディ|川崎フロンターレ|横浜Fマリノス|横浜FC|湘南ベルマーレ
北信越・東海エリア
アルビレックス新潟|松本山雅FC|ヴァンフォーレ甲府|清水エスパルス|ジュビロ磐田|名古屋グランパス
関西エリア
ガンバ大阪|セレッソ大阪|京都サンガ|ヴィッセル神戸
中国エリア
サンフレッチェ広島|ファジアーノ岡山|レノファ山口
四国エリア
愛媛FC|徳島ヴォルティス
九州エリア
アビスパ福岡|サガン鳥栖|V・ファーレン長崎|ロアッソ熊本




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA