ベガルタ仙台の今シーズンの戦略・フォーメーションを読む。

2020年シーズン

2019年シーズンはJ1 11位の成績で終えたベガルタ仙台。
2020年シーズンはどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。

2020年シーズンの主な移籍情報

まずは主な移籍情報から確認してみましょう。
IN
山田 寛人 FW セレッソ大阪 19歳
イ ユノ GK 福島ユナイテッドFC 20歳
パラ DF ボタフォゴSP 24歳
アレクサンドレ ゲデス FW ヴィトーリアSC 26歳
イサック クエンカ MF サガン鳥栖 28歳
浜崎 拓磨 DF 水戸ホーリーホック 26歳
赤崎 秀平 FW 川崎フロンターレ 28歳
吉野 恭平 MF サンフレッチェ広島 25歳
佐々木 匠 MF レノファ山口FC 21歳
小畑 裕馬 GK ベガルタ仙台ユース 18歳

OUT
梁 勇基 MF サガン鳥栖 38歳
ハモン ロペス FW ホール・ファカン 30歳
吉尾 海夏 MF 横浜F・マリノス 21歳
阿部 拓馬 FW FC琉球 32歳
ジオゴ アコスタ FW 未定 29歳
永戸 勝也 DF 鹿島アントラーズ 25歳
大岩 一貴 DF 湘南ベルマーレ 30歳
石原 直樹 FW 湘南ベルマーレ 35歳
小島 雅也 DF ザスパクサツ群馬 22歳

長らくベガルタ仙台で活躍した梁勇基のサガン鳥栖への移籍が決まっています。
反対にサガン鳥栖からクエンカ、ポルトガルのヴィトーリアからアレクサンドレ・ゲデスの加入が決まっています。

2019年シーズンの主なフォーメーション

FW   アレクサンドレ・ゲデス  ジャーメイン
.     (長澤)

MF イサック・クエンカ         道渕
.  (関口)
.      松下   兵働
.     (富田)

DF パラ   平岡  シマオ・マテ   蜂須賀
.

GK      ヤクブ・スウォビィク

昨シーズンからかなりのメンバー入替が予想されますね。
注目は新外国人選手のFWアレクサンドレ・ゲデス(ポルトガル)、DFパラ(ブラジル)でしょう。両選手とも年代別の代表に選出された経歴を持つ選手だけに、どのようなプレーを見せてくれるか期待したいですね。




2019年シーズン

2019年シーズンの主なフォーメーション

FW    ハモンロペス ジャーメイン
.     (長澤)

MF  石原        吉尾
.
.     松下   兵働
.    (富田)

DF 永戸  常田  キム   蜂須賀
.

GK      シュミットダニエル

システムは4-4-2が中心と思われます。
攻撃陣はハモンロペス、ジャーメイン良の得点力に期待したいところですね。
また横浜Fマリノスよりレンタル加入している吉尾選手にも期待がかかります。
失点を抑えて昨シーズンより上位進出を狙いたいところです。




2018年シーズン

ここ数年中位~下位に低迷しているべガルタ仙台。
昨シーズンはJリーグ12位、天皇杯は2回戦敗退、Jリーグ杯は準決勝敗退という成績であった。
今シーズンはACL出場圏内を目指していきたいところだが、今季も引き続き指揮をとる渡邊監督はどのような戦略を考えているのだろうか。
展望を予想してみようと思う。

2018年シーズンの移籍情報

IN
庄司 悦大    MF  ← FC岐阜 28歳
阿部 拓馬    FW  ← 蔚山現代FC 30歳
川浪 吾郎    GK  ← アルビレックス新潟 26歳
板倉 滉     DF  ← 川崎フロンターレ 20歳
金 正也     DF  ← ガンバ大阪 29歳
常田 克人    DF  ← 大分トリニータ 20歳
ジャーメイン 良 FW  ← 流通経済大学 22歳

OUT
野沢 拓也  MF  → 未定 36歳
クリスラン FW  → スポルティング ブラガ 25歳
三田 啓貴  MF  → ヴィッセル神戸 27歳
佐々木 匠  MF  → カマタマーレ讃岐 19歳
差波 優人  MF  → カターレ富山 24歳
小島 雅也  DF  → FC町田ゼルビア 20歳
藤村 慶太  MF  → ツエーゲン金沢 24歳
増嶋 竜也  DF  → 柏レイソル 32歳
石川 慧   GK  → 栃木SC 25歳
ヴィニシウスDF  → 未定 22歳

注目は新人のジャーメイン良であろうか。流通経済大付属高→大学と数々のタイトルを手にしてきた勝ちを知る選手である。持前の身体能力、ゴールセンスがどこまでJ1で通用するのか注目だ。

2018年シーズンの主なフォーメーション

FW       石原
.     (ジャーメイン)
MF    西村    野津田

.  蜂須賀 安部  奥楚  古林

DF    金   大岩  平岡
.       (板倉)
GK        関

新たな外国人選手の補強は発表されていないため、日本人選手中心の布陣で戦う事が予想される。
得点源の一人であったクリスランの穴を埋め、ACL出場圏内を目指すことはできるのだろうか。
ベガルタ仙台の2018シーズンの戦いにも要注目だ。




Jリーグ各チームの移籍情報・フォーメーションのご紹介

北海道エリア
コンサドーレ札幌
東北エリア
ベガルタ仙台|モンテディオ山形
関東エリア
鹿島アントラーズ|柏レイソル|ジェフ・ユナイテッド千葉|浦和レッズ|大宮アルディージャ|FC東京|東京ヴェルディ|川崎フロンターレ|横浜Fマリノス|横浜FC|湘南ベルマーレ
北信越・東海エリア
アルビレックス新潟|松本山雅FC|ヴァンフォーレ甲府|清水エスパルス|ジュビロ磐田|名古屋グランパス
関西エリア
ガンバ大阪|セレッソ大阪|京都サンガ|ヴィッセル神戸
中国エリア
サンフレッチェ広島|ファジアーノ岡山|レノファ山口
四国エリア
愛媛FC|徳島ヴォルティス
九州エリア
アビスパ福岡|サガン鳥栖|V・ファーレン長崎|ロアッソ熊本




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA