高校サッカープリンスリーグ東海2020展望

プリンスリーグ東海

プリンスリーグ東海2020

プリンスリーグ東海2020の参加チームをご紹介したいと思います。
※リーグ日程は未定です。

JFAアカデミー福島U-18(静岡県)
静岡学園高校(静岡県)
清水桜が丘高校(静岡県)
藤枝東高校(静岡県)
帝京大学可児高校(岐阜県)
浜松開誠館高校(静岡県)
富士市立高校(静岡県)
藤枝明誠高校(静岡県)
常葉大学附属橘高校(静岡県)
四日市中央工業高校(三重県)

静岡県のチームが8チームとなり、改めてサッカー王国静岡のレベルの高さを感じさせてくれるリーグ構成となっています。
その中でも公立高校でありながら昨年度リーグ残留を決めた富士市立高校には注目していきたいですね。
久々のプリンスリーグ東海参加となる名門四日市中央工業高校、また帝京大可児高校の奮闘に期待したいですね。




プリンスリーグ東海2019

高校サッカープリンスリーグ東海2019は以下の結果となりました。

1位 JFAアカデミー福島U-18(静岡県)
2位 静岡学園(静岡県)
3位 清水桜が丘(静岡県)
4位 藤枝東(静岡県)
5位 帝京大可児(岐阜県)
6位 浜松開誠館(静岡県)
7位 富士市立(静岡県) ← 2019年度より静岡県リーグより昇格
8位 藤枝明誠(静岡県)
9位 中京大中京(愛知県)
10位 中京院中京(岐阜県) ← 2019年度より岐阜県リーグより昇格

優勝はJFAアカデミー福島U-18となりました。おめでとうございます。
2020年度のプレミアリーグ昇格は逃しましたが、来年に再度チャレンジして欲しいですね。
9位 中京大中京高校、10位 中京院中京高校につきましては健闘しましたが、都道府県リーグへの降格が決まっています。
入れ替わりとなり、2020年度より常葉大学附属橘高校(静岡県)、四日市中央工業高校(三重県)の2校がプリンスリーグ東海に参入する事が決まっています。




プリンスリーグ東海2018

プリンスリーグ東海2018の結果は以下の通りでした

順位 チーム名         勝点 勝 引 敗
1 静岡学園高校(静岡県)      47 15 2 1
2 JFAアカデミー福島U-18(静岡県) 43 14 1 3
3 浜松開誠館高校(静岡県)     35 11 2 5
4 清水桜が丘高校(静岡県)     31 10 1 7
5 藤枝東高校(静岡県)       29  9 2 7
6 帝京大学可児高校(岐阜県)    22 7 1 10
7 藤枝明誠高校(静岡県)      19 5 4 9
8 中京大学附属中京高校(愛知県)  17 5 2 11
9 FC岐阜U-18(岐阜県)       12 4 0 14 ← 岐阜県リーグへ降格
10 名古屋経済大学高蔵高校(愛知県) 6 1 3 14 ← 愛知県リーグへ降格

2018年度の優勝は静岡学園高校でした。おめでとうございます。
プレミアリーグ復帰目指して頑張って欲しいですね。
FC岐阜U-18、名古屋経済大学高蔵高校については、健闘しましたが、都道府県リーグへ降格となっています。

入れ替わりとなり、2019年度より富士市立高校、中京院中京高校がプリンスリーグ東海へ参入する事が決まっています。
サッカー王国静岡県の高校はやはりリーグ戦で底力を発揮しますね。




高校生年代のプレミアリーグ、プリンスリーグの紹介はこちら

プレミアリーグ
プレミアリーグEAST|プレミアリーグWEST
プリンスリーグ
プリンスリーグ北海道|プリンスリーグ東北|プリンスリーグ関東|プリンスリーグ北信越|プリンスリーグ東海|プリンスリーグ関西|プリンスリーグ中国|プリンスリーグ四国|プリンスリーグ九州




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA