高校サッカープリンスリーグ関東2021展望 注目チームご紹介

4 - 高校サッカープリンスリーグ関東2021展望 注目チームご紹介

プリンスリーグ関東

プリンスリーグ関東2021

2021年度のプリンスリーグ関東が開幕しています。

参加チーム
鹿島アントラーズユース(茨城県)
三菱養和SCユース(東京都)
前橋育英高校(群馬県)
川崎フロンターレU-18(神奈川県)
東京ヴェルディユース(東京都)
帝京高校(東京都)
桐生第一高校(群馬県)
矢板中央高校(栃木県)
山梨学院高校(山梨県)
昌平高校(埼玉県)

プリンスリーグ関東2021の様子
鹿島アントラーズユース- 山梨学院高校のゲームです。

JFAのサイトはこちらです。
prince2021-kanto

強豪集う2021年度のプリンスリーグ関東の戦いが楽しみですね。

プリンスリーグ関東2020

コロナ渦による変則的な日程で開催されたプリンスリーグ関東2020の結果は以下の通りとなりました。

1位 東京ヴェルディユース(東京都)
2位 前橋育英高校(群馬県)
3位 昌平高校(埼玉県) ← 埼玉県1部リーグより昇格
4位 川崎フロンターレU-18(神奈川県)
5位 矢板中央高校(栃木県)
6位 桐生第一高校(群馬県)
7位 鹿島アントラーズユース(茨城県)
8位 山梨学院高校(山梨県) ← 山梨県1部リーグより昇格
9位 三菱養和サッカークラブユース(東京都)
10位 帝京高校(東京都)

優勝は東京ヴェルディユースとなりました。おめでとうございます。
前橋育英高校、昌平高校など高体連のチームの健闘が目立ちましたね。
2021年度のプリンスリーグ関東も非常に楽しみです。


プリンスリーグ関東2019

プリンスリーグ関東2019の結果は以下の通りとなりました。

1位 FC東京U-18(東京都)
2位 横浜F・マリノスユース(神奈川県)
3位 横浜FCユース(神奈川県)
4位 三菱養和SCユース(東京都)
5位 前橋育英高校(群馬県)
6位 川崎フロンターレU-18(神奈川県)
7位 東京ヴェルディユース(東京都)
8位 帝京高校(東京都)  ←東京都1部リーグより昇格
9位 桐生第一高校(群馬県)
10位 矢板中央高校(栃木県)

優勝はFC東京U-18となりました。おめでとうございます。
1位~3位のFC東京U-18、横浜F・マリノスユース、横浜FCユースにつきましては、プレミアリーグ参入戦を見事勝ち抜き、3チーム共にプレミアリーグ参入を決めています。
改めてプリンスリーグ関東のレベルの高さを感じさせる結果となりましたね。

次年度のリーグ戦も非常に楽しみです。

【プリンスリーグ関東2019 試合の様子】
帝京高校-ヴェルディユースのハイライトです。
両チーム共に非常に面白い試合を展開していますね。




プリンスリーグ関東2018

プリンスリーグ関東2018の結果は以下の通りでした。

順位 チーム名
1位 矢板中央高校(栃木県)
2位 横浜F・マリノスユース(神奈川県)
3位 大宮アルディージャユース(埼玉県)
4位 前橋育英高校(群馬県)
5位 東京ヴェルディユース(東京都)
6位 川崎フロンターレU-18(神奈川県)
7位 桐生第一高校(群馬県)
8位 三菱養和SCユース(東京都)
9位 桐光学園高校(神奈川県)
10位 山梨学院高校(山梨県)

優勝は矢板中央高校となりました。おめでとうございます。
矢板中央高校、横浜F・マリノスユースにつきましては、プレミアリーグ参入戦の結果、2019年もプリンスリーグ関東で戦う事となっています。
山梨学院高校、桐光学園高校は健闘しましたが、都道府県リーグへの降格が決まっています。


高校生年代のプレミアリーグ、プリンスリーグの紹介はこちら

プレミアリーグ

東西それぞれ10チームが所属する高校生年代トップレベルのリーグ戦。毎年18試合を戦い、年末には東西のチャンピオンが頂点をかけて決勝戦を行います。

東西プレミアリーグ
プレミアリーグEAST|プレミアリーグWEST

プリンスリーグ

全国9地域別のリーグ戦です。成績上位チームは年末のプレミアリーグ参入戦に参加し、勝ち上がったチームが来年のプレミアリーグへ昇格します。

各地域のプリンスリーグ
プリンスリーグ北海道|プリンスリーグ東北|プリンスリーグ関東|プリンスリーグ北信越|プリンスリーグ東海|プリンスリーグ関西|プリンスリーグ中国|プリンスリーグ四国|プリンスリーグ九州


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。