高校サッカープリンスリーグ関東2020展望

プリンスリーグ関東

プリンスリーグ関東2020

2020年度のプリンスリーグ関東は以下のチームでリーグ戦が行われます。
※リーグ日程は未定です。

鹿島アントラーズユース(茨城県)←プレミアリーグEASTより降格
三菱養和SCユース(東京都)
前橋育英高校(群馬県)
川崎フロンターレU-18(神奈川県)
東京ヴェルディユース(東京都)
帝京高校(東京都)
桐生第一高校(群馬県)
矢板中央高校(栃木県)
山梨学院高校(山梨県) ←山梨県1部リーグより昇格
昌平高校(埼玉県)←埼玉県1部リーグより昇格

鹿島ユース、川崎ユース、東京ヴェルディユースなど強豪がひしめくプリンスリーグ関東
2020年度から参戦する昌平高校がどこまで上位争いに食い込めるか注目ですね。




プリンスリーグ関東2019

プリンスリーグ関東2019の結果は以下の通りとなりました。

1位 FC東京U-18(東京都)
2位 横浜F・マリノスユース(神奈川県)
3位 横浜FCユース(神奈川県)
4位 三菱養和SCユース(東京都)
5位 前橋育英高校(群馬県)
6位 川崎フロンターレU-18(神奈川県)
7位 東京ヴェルディユース(東京都)
8位 帝京高校(東京都)  ←東京都1部リーグより昇格
9位 桐生第一高校(群馬県)
10位 矢板中央高校(栃木県)

優勝はFC東京U-18となりました。おめでとうございます。
1位~3位のFC東京U-18、横浜F・マリノスユース、横浜FCユースにつきましては、プレミアリーグ参入戦を見事勝ち抜き、3チーム共にプレミアリーグ参入を決めています。
改めてプリンスリーグ関東のレベルの高さが知れ渡る結果となりましたね。

次年度のリーグ戦も非常に楽しみです。

【プリンスリーグ関東2019 試合の様子】
帝京高校-ヴェルディユースのハイライトです。
両チーム共に非常に面白い試合を展開していますね。





プリンスリーグ関東2018

プリンスリーグ関東2018の結果は以下の通りでした。

順位 チーム名          勝点 勝 引 敗
1 矢板中央高校(栃木県)       41  12 5 1
2 横浜F・マリノスユース(神奈川県)   29  9 2 7
3 大宮アルディージャユース(埼玉県) 28  8 4 6
4 前橋育英高校(群馬県)       28  8 4 6
5 東京ヴェルディユース(東京都)   23  6 5 7
6 川崎フロンターレU-18(神奈川県)  22  6 4 8
7 桐生第一高校(群馬県)       22  6 4 8
8 三菱養和SCユース(東京都)     19  4 7 7
9 桐光学園高校(神奈川県)      19  5 4 9
1 0山梨学院高校(山梨県)      18  5 3 10

優勝は矢板中央高校となりました。おめでとうございます。
矢板中央高校、横浜F・マリノスユースにつきましては、プレミアリーグ参入戦の結果、2019年もプリンスリーグ関東で戦う事となっています。
山梨学院高校、桐光学園高校は健闘しましたが、都道府県リーグへの降格が決まっています。




高校生年代のプレミアリーグ、プリンスリーグの紹介はこちら

プレミアリーグ
プレミアリーグEAST|プレミアリーグWEST
プリンスリーグ
プリンスリーグ北海道|プリンスリーグ東北|プリンスリーグ関東|プリンスリーグ北信越|プリンスリーグ東海|プリンスリーグ関西|プリンスリーグ中国|プリンスリーグ四国|プリンスリーグ九州




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA