浦和レッズFWキャスパー・ユンカーの4試合連続ゴールもサンフレッチェ広島MF川辺駿の豪快ミドルが決まりドロー決着

fw4 - 浦和レッズFWキャスパー・ユンカーの4試合連続ゴールもサンフレッチェ広島MF川辺駿の豪快ミドルが決まりドロー決着

Jリーグ2021 第16節

サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ

サンフレッチェ広島のホームで行われたJリーグ第16節浦和レッズとの一戦。
点の取り合いのゲームとなりましたが、ロスタイムにサンフレッチェ広島が劇的に追いつきドローでの決着となっています。

前半15分に浦和レッズのFWキャスパー・ユンカーが4試合連続ゴールを決め、アウェーのレッズが先制します。
ユンカーはこのゴールで移籍加入4試合目で5得点目。
186cmと上背もありますが、細かいステップワークが素晴らしい選手ですね。

その後の前半23分 サンフレッチェ広島も左からのコーナーキックをMFハイネルが直接決め同点とします。
蹴った瞬間はゴールからかなり離れたエリアに届きそうなボールでしたが、鋭く曲がり、キーパーの手をすり抜け鮮やかなゴールが決まっています。

後半に入り同点のままゲームが進みますが、84分過ぎに浦和レッズがPKを獲得しこのPKを興梠が決め再度逆転します。
このまま浦和レッズが逃げ切るかと思われましたが、最後にサンフレッチェ広島が同点ゴールを決めています。

ロスタイムに右サイドタッチライン際で速いボールを受けたMF藤井智也がワンタッチで寄せてきたディフェンスを交わすと、前線へスルーパス。
そのパスはカットされますが、こぼれ球に反応したMF川辺駿が値千金の豪快なミドルシュートを決めています。

非常に白熱した好ゲームでしたね。
次節も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。