サガン鳥栖の勢いが止まらない。No.10樋口雄太の正確なキックによる1ゴール1アシストの活躍でFC東京に競り勝つ

Jリーグ2021

FC東京-サガン鳥栖

前節を終えてJ1 3位につけるサガン鳥栖。
FC東京のホームで行われた一戦もその勢いが止まりませんでしたね。

この試合は何といっても2列目のポジションで開幕から出場を続けるNo.10 MF樋口雄太選手の活躍が光りました。

小学生の頃からサガン鳥栖アカデミーでプレーしてきたまさに生え抜きの選手ですが、ボールコントロールの巧みさ、両足のキックの精度には目を見張るものがありますね。

1点目のアシストは左足でピンポイントクロス、2点目のゴールはドリブルをしながら右足で弾丸ライナーのシュートを決めています。
どちらのシーンも効き足であると思わせてくれるような素晴らしいプレーと言えるのではないでしょうか。

この試合に勝利し、3位をキープするサガン鳥栖。

2位名古屋グランパスとは勝ち点差6と少し離れていますが、現在のサガン鳥栖トップチームには樋口選手のようなアカデミー出身の若手選手が多く、今後のチームの飛躍に期待がかかりますね。

次節も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA