山口蛍、古橋亮悟らの得点ラッシュによりヴィッセル神戸はコンサドーレ札幌に3点差を跳ね返す逆転勝利

17602 - 山口蛍、古橋亮悟らの得点ラッシュによりヴィッセル神戸はコンサドーレ札幌に3点差を跳ね返す逆転勝利

Jリーグ2021

コンサドーレ札幌 vs ヴィッセル神戸

ゲーム途中までは誰もがコンサドーレの勝利と思った試合だったかもしれませんね。
一時コンサドーレ札幌に3-0とリードを許す展開となりましたが、ヴィッセル神戸が後半に驚異的な粘りと決定力を見せて逆転勝利を収めています。

試合は前半にコンサドーレ札幌のFWアンデルソンロペスが自分自身でPKを得て先制。
その後前半ロスタイムにセットプレーからDF福森が得たもう一本のPKをアンデルソンロペスが決め、前半を2-0で折り返します。

そして後半に入り、開始早々札幌攻撃陣がヴィッセル神戸に襲いかかり、アンデルソンロペスがハットトリックを達成します。
この時点のゲーム後半で3点差。
リードしているコンサドーレ札幌には勝利の確信のような心の油断が少し生まれたのかもしれませんね。

ヴィッセル神戸はそこからMF山口蛍、そして日本代表に選出されたFW古橋亮悟が立て続けに2ゴールずつを奪う大逆転劇を演じています。
山口蛍選手の決めた2点のゴールはいずれも、コンサドーレ札幌のサイドを攻略した後の折り返しを冷静にゴール隅に決める素晴らしいシュートでしたね。

この試合に勝利したヴィッセル神戸は勝ち点を11としリーグ暫定5位につけています。

次節も非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。