DF山中亮輔のピンポイントクロスによる連続ゴール セレッソ大阪がアウェーで3ゴールを奪う快勝

action ball field game

Photo by Pixabay on Pexels.com

Jリーグ2022年シーズン 第4節

清水エスパルス vs セレッソ大阪

セレッソ大阪がアウェーで3ゴールを奪い勝利を手にしています。

その中でもこのゲームで最も印象的なプレーを見せていたのはセレッソ大阪の左サイドバックで先発した山中亮輔選手でしょうか。

前半終了間際には左サイドのワイドなポジションでボールを受け、クロスボールを警戒して飛び込んできたディフェンスに対して緩急をつけたドリブルで置き去りにした後、鋭いカーブのかかったピンポイントのクロスボールをゴール前に供給しています。

飛び込んだ味方選手の頭に当たりながらも最後は清水エスパルスディフェンスのオウンゴールとなり、セレッソ大阪が先制に成功します。

後半12分にも左サイドからピンポイントのクロスを供給し、ゴール前に詰めていたMF奥埜博亮選手がゴールを決めています。

2得点共に決して簡単なゴールではありませんが、鋭い回転がかかった山中選手のクロスボールはラインの浅い位置からでもカーブがかかかり、相手ゴールキーパーの前の絶妙なポイントに届くため、守備側としては非常に守りにくいと思われますね。

次節も非常に楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。