日本代表DF富安の華麗なゴールによりボローニャはアタランタとの一戦をドローに持ち込む

セリエA 2020-2021

ボローニャ vs アタランタ

ボローニャのホームで行われたアタランタとの一戦。
注目の日本代表DF富安選手がホームで華麗なゴールを決めています。

試合は前半から高い攻撃力を持つアタランタに押し込まれる展開が続きました。
特にアタランタのイリチッチに関しては、持ち味の高いボールキープ力や縦への推進力を活かして、何度もボローニャゴールを脅かしていましたね。
アタランタが決めた2点はいずれもイリチッチが起点の得点と言ってもいいいのではないでしょう。
ヨーロッパチャンピオンズリーグのグループリーグを突破したのも頷ける攻撃力ですね。

ボローニャは2点リードされて、このまま敗戦モードになるのかと思いきや、右サイドバックで先発した富安選手が真のストライカー顔負けの冷静なチップシュートを決めています。

ペナルティーエリアに入る前のボールの受け方からシュートまでの流れは、まるで何年もオフェンスの選手でプレーしてきたかのようなシーンでしたね。
単純なテクニックだけでは実現しない、富安選手の特徴である瞬間的なスピードが活きたシーンと言っていいのではないでしょうか。

センターバック、ボランチ、サイドバックに加え、オフェンスのポジションまでこなせそうな富安選手の今後に活躍に期待ですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA