アヤックスの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

worldcup stadium - アヤックスの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

オランダの強豪クラブアヤックス

オランダエールディビジの強豪クラブ アヤックスの戦略とは?
かつてはUEFAチャンピオンズリーグを制した実績を持つオランダを代表する世界屈指の強豪クラブはどのような戦略を考えているのでしょうか?

2021年-2022年シーズン

2021-2022シーズンはいかに。

2021年-2022年シーズンの主な移籍情報

主な移籍選手です。

【IN】
ステーフェン・ベルフハイス MF 29 ← フェイエノールト

オランダ代表MFベルフハイスの加入が発表されています。
今後の移籍動向に注目ですね


2020年-2021年シーズン

昨シーズンはオランダリーグを制し、UEFACLはグループリーグ敗退の成績で終えたアヤックス。
今シーズンの動きを見てみたいと思います。

2020年-2021年シーズンの移籍情報

主な選手の移籍情報です。

【IN】
モハメド・クドゥス MF 20 ← ノアシェラン
アントニー FW 20 ← サンパウロ

【OUT】
ハキム・ツイェク MF 27 → チェルシー
ファン・デ・ベーク FW 23 → マンチェスター・ユナイテッド
クィンシー・プロメス FW 29 → スパルタク・モスクワ

2020年-2021年シーズンの主なフォーメーション

主なフォーメーションです。

FW        セバスチャン・アレ
      (ダヴィド・ネレス)
  タディッチ          アントニー
(クインシー・プロメス)

MF       ディビィ・クラーセン
        (ラビアド)
    フラーフェンベルグ  エドソン・アルバレス

DF タグリアフィコ        マズラウィ
(デフェイン・レンシュ)
     ブリント   ベール・スフーレス
    (マルティネス  ユリエン・ティンバー)

GK        オナナ
       (ステケレンブルフ)

モロッコ代表ハキム・ツィエク、オランダ代表ファン・デ・ベーグの両選手が移籍し、今シーズンウェストハムから新加入のFWセバスチャン・アレらが活躍したシーズンとなりました。


2019年-2020年シーズン

2018-2019シーズンはエールディビジを制し、UEFAチャンピオンズリーグにおいては準優勝の成績を残すなど、久々にアヤックスのクラブの名を世界にアピールするシーズンとなりました。

2019年-2020年シーズンの移籍情報

今シーズンも多くの選手の出入りが発生しています。

IN
キエル・スヘルペン GK エメン
キク・ピエリー DF ヘーレンフェーン
リサンドロ・マルティネス DF デフェンサ・イ・フスティシア
エドソン・アルバレス DF クラブ・アメリカ
ラズヴァン・マリン MF スタンダール・リエージュ
クインシー・プロメス FW セビージャ
シーム・デ・ヨング MF シドニーFC

OUT
コスタス・ランプル GK フィテッセ
デイリー・シンクフラーフェン DF レヴァークーゼン
ミチェル・バッカー DF パリ・サンジェルマン
マタイス・デ・リフト DF ユヴェントス
ラスムス・クリステンセン DF レッドブル・ザルツブルク
フレンキー・デ・ヨング MF バルセロナ
ヴァーツラフ・チェルニー MF ユトレヒト
ラセ・シェーネ MF ジェノア
アゾル・マトゥシワ MF フローニンゲン
デニス・ヨンセン FW ズウォレ ※レンタル移籍

UEFAチャンピオンズリーグでの活躍もあり、フレンキー・デ・ヨングがバルセロナへ、デ・リフトがユベントスへ移籍しています。
新加入選手の中で注目はクラブアメリカから加入するメキシコ代表DFエドソン・アルバレスでしょう。21歳の若さでワールドカップ出場経験を持つ若き注目ディフェンダーですね。
また、セビージャから加入のオランダ代表FWクインシー・プロメスも即戦力として期待がかかるでしょう。

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーション

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーションです。

FW       タディッチ
.     (カスパー・ドルベリ)
.   ネレス        ツィエク
.          (クインシー・プロメス)

MF      ファン・デ・ベーク

.    シーム・デ・ヨング ラビアド

DF タグリアフィコ        マズラウィ
.    ブリント   エドソン・アルバレス
.        (リサンドロ・マガジャン)

GK      オナナ

デ・リフトやフレンキー・デ・ヨングなどの主力選手が国外ビッグクラブに多数引き抜かれており、ディフェンスラインの再構築が急務であろうと思われます。
ベテランの元オランダ代表ブリント、また新加入のメキシコ代表DFエドソン・アルバレスがヨーロッパサッカーにいち早く適応する事が出来れば、再度チャンピオンズリーグで勝ち上がる事も可能になるのではと思います。

一方の攻撃陣はセルビア代表FWタディッチを軸に、ブラジル代表ネレスなど強力フォワード陣が並びます。今シーズンも相手チームにとって脅威となるでしょう。



ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向





世界主要国の代表チームのメンバー・フォーメーション





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。