PSVの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

psv - PSVの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

オランダの強豪クラブPSVアイントホーフェン

オランダエールディビジの強豪クラブPSVの戦略とは?
かつてはUEFAチャンピオンズリーグを制した実績を持つPSV。オランダを代表する強豪クラブはどのような戦略を考えているのでしょうか?

2021年-2022年シーズン

2021年-2022年シーズンの主な移籍情報

【IN】
デイヴィ・プレパー MF ← ブライトン
堂安律 MF ← ビーレフェルト ※期限付きから復帰
カルロス・ヴィニシウス FW ← ベンフィカ ※期限付き移籍

【OUT】
デンゼル・ダンフリース DF → インテル
ドニエル・マーレン FW → ドルトムント

2021年-2022年シーズンの予想フォーメーション

予想フォーメーションです。

PSV 2021 2022 1 - PSVの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

オフェンス陣はイスラエル代表FWエラン・ザハヴィ、コーディ・ガクポ、U-18イングランド代表FWマドゥエケ、ポルトガル代表FWブルマなどを中心とした布陣となるでしょうか。
日本代表MF堂安律選手の活躍が楽しみですね。

2020年-2021年シーズン

2020年-2021年シーズンに向けて動き始めています。

2020年-2021年シーズンの主な移籍情報

【IN】
フィリップ・マックス DF ← アウクスブルグ
ゲッツェ MF ← ドルトムント

【OUT】
堂安律 MF → ビーレフェルト(1年間の期限付き移籍)

ドイツ代表ゲッツェの加入が決まっています。
また、日本代表堂安選手の移籍が決まっています。

2020年-2021年シーズンの予想フォーメーション

2020年-2021年シーズンの予想フォーメーションです。

FW     ドニェル・マレン

 コーディ・ガクポ       ゲッツェ

MF    ロサリオ   サンガレ

       トーマス

DF マックス         ダンフリース
     ボスカリ  テゼ

GK       ムヴォゴ


2019年-2020年シーズン

2018-2019シーズンはオランダエールディビジで2位。UEFAチャンピオンズリーグにおいてはグループステージ敗退とPSVにとっては少し不本意なシーズンとなりました。
今シーズンは巻き返しを図りたいところでしょう。

2019年-2020年シーズンの移籍情報

今シーズンも多くの選手の出入りが発生しています。

IN
ロビン・ライテル GK サンダーランド
ラース・ウンナースタル GK VVVフェンロー
ルーク・コープマンス GK MVVマーストリヒト
オリヴィエ・ボスカリ DF ニース
ティモ・バウムガルトル DF シュトゥットガルト
トニ・ラト DF バレンシア ※レンタル移籍での加入
デリック・ルカッセン DF ヘルタ・ベルリン
イブラヒム・アフェライ MF 無所属
堂安 律 MF フローニンゲン
ブルマ FW ライプツィヒ
コンスタンティノス・ミトログル FW ガラタサライ ※レンタル移籍での加入
サム・ラマース FW ヘーレンフェーン 復帰

OUT
エロイ・ローム GK コロンバス・クルー
アジズ・ベヒッチ DF イスタンブール・バシャクシェヒル
アンヘリーニョ DF マンチェスター・シティ
アルマンド・オビスポ DF フィテッセ ※レンタル移籍
マーロン・フレイ MF ザントハウゼン
バルト・ラムセラール MF ユトレヒト
ダンテ・リゴ MF スパルタ ※レンタル移籍
マウロ・ジュニオール MF ヘラクレス ※レンタル移籍
ルーク・デ・ヨング FW セビージャ
イルビング・ロサノ FW ナポリ
ザカリア・アブクラル FW AZ
マキシミリアーノ・ロメロ FW ベレス・サルスフィエルド ※レンタル移籍
マティアス・フェレト FW ワースラント=ベーフェレン ※レンタル移籍
ケネス・パール MF ズウォレ
ベルフワイン FW トッテナム

日本代表MF堂安律選手が今シーズン オランダリーグ1部フローニンゲンより加入する事が発表されています。
ステップアップに期待したいですね。

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーション

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーションです。

FW     ドニェル・マレン
.
. コーディ・ガクポ                          堂安
.

MF     ロサリオ  ペレイロ

.       ヘンドリクス

DF フィール・ヘーフェル        ダンフリース
.    バウムガウトル  シュヴァーブ
.

GK       ズート

メキシコ代表ロサノやアンヘリーニョなどの昨シーズンの主力選手が国外ビッグクラブに引き抜かれており、チームの再構築が必要であろうと思われます。
堂安選手はロサノと同じく右サイドのアタッカーとして期待されているようですね。
他の若手選手らと強力な攻撃陣を築く事が出来るかが注目です。



ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向

スコットランドリーグ
セルティックFC
ベルギーリーグ
シント=トロイデンVV




世界主要国の代表チームのメンバー・フォーメーション





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。