地域に根差したサッカークラブを立ち上げてみよう

サッカークラブを立ち上げる

今回はサッカークラブ立上げに関するテーマです。
改めて日本のサッカークラブである浦和レッズが今年のクラブワールドカップに出場する事は素晴らしい事ですね。

Jリーグチャンピオンになり、さらにアジアチャンピオンになれば今度はクラブワールドカップに出場する事が可能になります。
出場するクラブにとっても、出場する選手個人にとっても全世界に向けたアピールになることは間違いないのです。
サッカークラブの発展というものは大きな夢と考えても良いでしょう。

その果てしない夢に向かって自身でサッカークラブを立ち上げる事を考えてみても面白いのではないでしょうか。

最初は働きながらプレーする社会人チームからになるでしょう。
地元の仲間達とチームを立ち上げ、都道府県の地方下部リーグからスタートし、徐々にリーグ戦のピラミッドを登っていくのです。

クラブチームの地元地域での活動が認識され始めれば地元企業の金銭的なバックアップも少しずつ得られることでしょう。

自分自身がクラブ経営者になることももちろん可能なのですが、外部から優秀なプロ経営者を招く事も可能です。
J2における岡山や長崎の経営者などがまさにその例ですね。

クラブの規模が少しずつ多くなれば、営業担当や広報担当などのバックオフィス人員を少しずつ増強し、着実にクラブの底力をつけていくのです。

クラブの土台が出来上がったきたところで、地元にサッカースクールや、ユースチームを作り、クラブチームの土台をさらに強固なものにしていくのです。

夢のような話と思われているかもしれないですが、全国各地で今もJリーグを目指すチームが続々と立ち上がっている状態なのです。

最初は有志の団体でスタートして、地域密着の理念を守りつつ、
まずは社会人チームを立ち上げる。
サッカークラブを作るという夢が現実になるかもしれないのです。

サッカークラブのオーナーを夢見ている方は思い切って行動を起こしてみてはいかがでしょうか。周りのたくさんの方の熱意があればきっと実現できることでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA