東京オリンピックU-24日本代表準決勝敗戦の中から見えてきたものは?

126e05836e9984411d68330093cb1d50 - 東京オリンピックU-24日本代表準決勝敗戦の中から見えてきたものは?

東京オリンピック 準決勝

U-24日本代表 vs U-24スペイン代表

日本サッカーの新たな歴史を作る瞬間を見る事が出来るのかと期待していましたが、試合は残念な結果となりましたね。
初のオリンピックサッカー決勝進出を懸けたスペイン代表との一戦は延長戦の末に惜しくも0-1で敗退しています。

最後まで中継を観ていましたが、試合に敗れはしたものの、全選手が最後まで全力で戦う姿は、好感の持てる好ゲームだったと思いますね。

予選リーグや決勝トーナメント1回戦のニュージーランド戦とは少し異なり、対戦相手のU-24スペイン代表は直近のEURO2020にも参加していたA代表メンバーを中心に招集しており、世界トップレベルのチームと言ってもいいでしょう。

そのスペイン代表は中央のMFペドリ、両サイドのMFククレジャ、FWオヤルサバルらを起点に非常にワイドな攻撃を仕掛け、どこからでも点を取られそうな攻撃に日本代表はじわじわと体力を消耗していった感がありますね。

延長戦で決勝ゴールを決めたアセンシオのシュートはもちろん素晴らしいですが、スペイン代表のサッカーは非常にパスの精度が高く、試合を通じてボール支配で上回り、作り出した決定機の数はやはりスペイン代表の方が多く、試合が長引くに連れていつか決められてしまうようなゲーム展開だったとも言えるでしょう。

敗れはしましたが日本代表は前線のFW林の思い切りの良い飛び出しや、MF堂安、MF久保らのドリブル突破でチャンスを作り出していた辺りは今後の日本代表に期待を持たせてくれますね。

ディフェンス陣に関してもオーバーエイジの吉田やオランダで活躍する板倉を中心に非常に粘り強い守備を見せてくれたのではないでしょうか。

やはり欧州トップレベルのチームと普段から競い合っている選手達は自信に満ちたプレーを見せ頼もしくも感じさせてくれます。
欲を言えばフォワード陣に関しては欧州で活躍している全盛期の大迫のようなタイプの選手が一人チームにいれば違った展開にもなったかもしれませんね。
今後の若手選手の欧州での活躍に期待したいところです。

金メダルは次回パリ大会以降に期待という事で、今大会は次戦3位決定戦でメキシコに勝って銅メダルを期待したいですね。
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。