U23アジアカップ U-21日本代表は鈴木唯人の2ゴールなどにより韓国代表を下し準決勝進出

soccerball on wide green grass field

Photo by Pixabay on Pexels.com

U23アジアカップ 準々決勝

ウズベキスタンで開催されているU-23アジアカップ
パリ五輪を目指すU-21世代のチームで参加をしている日本代表がライバル国である強豪韓国代表を下し準決勝進出を決めています。

この試合最も印象的な活躍を見せていたのは清水エスパルス所属のFW鈴木唯人選手でしょう。

先制点のFKでのゴールに始まり、後半にはペナルティーエリアでの軽快な身のこなしから1アシスト・1得点を決めています。

身体の強さも感じさせながら、非常にアジリティの高さも感じさせてくれる将来が楽しみな選手ですね。

準決勝は6月15日に開催国ウズベキスタンとの一戦となります。

次戦も非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。