レアルマドリードの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。

Contents

レアルマドリードの戦略とは?

白い巨人の異名を持つレアルマドリードはどのような戦略を考えているのでしょうか?
復帰したジダン監督がどのようなメンバーでフォーメーションを考えているのか予想してみましょう。

レアルマドリードはどのようなサッカーをするのか?

レアルマドリードのサッカーをまとめた動画です。
世界中のタレントが集結しているスペインサッカーの凄みを感じる事の出来るチームだと思います。
やはり一人一人の個の技術の高さ・速さ・強さを感じるチームですね。



レアルマドリード所属の主なプレーヤー

2020年-2021年シーズン

2020年-2021年シーズンへ向けてレアルマドリードが動き始めています。

2020年-2021年シーズンの主な移籍情報

主な移籍情報です。

【IN】
ウーデゴール MF 21 ← レアル・ソシエダ

【OUT】
ハメス・ロドリゲス MF 29 → エヴァートン
ブラヒム・ディアス MF 22 → ACミラン ※レンタル移籍
ギャレス・ベイル FW 31 → トッテナム ※レンタル移籍

ノルウェーの神童と呼ばれるウーデゴール選手のレンタルバックが決まっています。
中盤の選手の世代交代が進みそうですね。
また移籍動向に注目が集まっていたベイルですが、トッテナムへの期限付き移籍が発表されています。

2020年-2021年シーズンのフォーメーション予想

FW       ベンゼマ
     (ルカ・ヨビッチ)
  アザール        ロドリゴ
 (ヴィニシウス)      (アセンシオ)
MF       ウーデゴール
       (イスコ)
     カゼミーロ   クロース
   (バルベルデ)(モドリッチ)

DF メンディ           カルバハル
(マルセロ) ヴァラン  セルヒオ・ラモス
        (エデル・ミリトン)

GK        クルトワ

昨シーズンのCL16強敗退やオフェンス陣の高年齢化を受けて、全体的に世代交代が進みそうですね。
新加入のウーデゴールには期待がかかるでしょう。
ベンゼマのようなハイレベルなセンターフォワードの獲得が必要になりそうですが、どのような展開になるでしょうか。


2019年-2020年シーズン

2019-2020年シーズンのレアルマドリードのフォーメーションを予想してみようと思います。
アザール、久保建英がレアルマドリードと契約を結びました。
日本人として初のレアルマドリードのトップ選手となるのでしょうか?

2019年-2020年シーズンの主な移籍情報

主な移籍選手です。

IN
ルカ・ヨビッチ FW ← フランクフルト
エデンアザール MF ← チェルシー
久保建英 MF ← FC東京
ロドリゴ MF ← サントス
エデルミリトン DF ← ポルト
フェルラン・メンディ DF ← リヨン

OUT
ジョレンテ DF → アトレティコ・マドリー
久保建英 MF → マジョルカ ※レンタル移籍

2019年-2020年シーズンのユニフォーム

ホーム
q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07QZ1GGJT&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=morimotoj 22 - レアルマドリードの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。

白を基調としたゴールドのライン入りのユニフォームです。
ブランド力のあるチームに見えますね。
(¥7,689~ amazon)

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーション


FW      ベンゼマ
     (ルカ・ヨビッチ)
  アザール      ギャレス・ベイル
(ヴィニシウス)     (ロドリゴ)
MF      モドリッチ
  (イスコ、ハメスロドリゲス)

     カゼミーロ  クロース
   (バルベルデ)
DF メンディ         カルバハル
(マルセロ)ヴァラン  セルヒオ・ラモス
       (エデル・ミリトン)

GK      クルトワ

新加入のベルギー代表アザール、フランス代表フェルラン・メンディに関してはリーグ終盤にかけて徐々にスターティングメンバーに名を連ねる形となりました。
新加入のセルビア代表のルカ・ヨビッチ選手についてはシーズン通じて2ゴールと少し物足りない成績であったのではないかと思います。
ベイルに関しては様々な憶測報道が流れましたが、今シーズンは残留という結論になりました。
ウィングのポジションにはヴィニシウス、ロドリゴといったブラジル代表若手選手の台頭もあり、来シーズンは移籍という形になるでしょうか。

2019年-2020年シーズンの主な試合結果・フォーメーション

2019年-2020年シーズンのレアルマドリードの主な試合結果、フォーメーションを載せておきます。
リーガエスパニョーラ
第1節
セルタ vs レアルマドリード
リーガ第1節 ハイライトはこちら
第2節
レアルマドリード vs バリャドリード
リーガ第2節 ハイライトはこちら
第8節
レアルマドリード vs グラナダ
リーガ8節 ハイライトはこちら
第11節
レアルマドリード vs レガネス
リーガ第11節 ハイライトはこちら

UEFAチャンピオンズリーグ2019-20
予選リーグ
ガラタサライ vs レアルマドリード
UEFACL予選 ガラタサライ戦ハイライトはこちら
クラブブルージュ vs レアルマドリード
UEFACL予選 クラブブルージュ戦ハイライトはこちら


2018年-2019年シーズン

2018年-2019年シーズンの動向をまとめておきます。

【タイトル結果】
リーガエスパニョーラ 3位
チャンピオンズリーグ 決勝トーナメント1回戦敗退
スペイン国王杯    準決勝敗退

長年レアルマドリードのエースとして君臨したクリスティアーノ・ロナウドが移籍した事により、新たなエース誕生が望まれるシーズンでした。

シーズン終了後の結果としてベンゼマ21得点、ベイル8得点とレアルマドリードの水準で考えるとフォワード陣が十分に得点を挙げられなかった点が成績が伸び悩んだ要因の一つと言えるのではないでしょうか。

来シーズンに向けてフォワード陣のてこ入れが始まる事でしょう。

レアルマドリード2018年-2019年シーズンのハイライトはこちらreal-madrid-2018-2019-highlight

2018年-2019年シーズンの主な移籍情報

【IN】
アンドリー・ルニン GK ← ゾリャ・ルハンシク
ティボー・クルトワ GK ←チェルシー
ファビオ・コエントラン DF ← スポルティング
アルバロ・オドリオソラ DF ← レアル・ソシエダ
ヴィニシウス・ジュニオール FW ← フラメンゴ

【OUT】
DF
アルバロ・テヘロ DF → アルバセテ
アシュラフ・ハキミ DF → ドルトムント
テオ・エルナンデス DF → レアル・ソシエダ
マテオ・コヴァチッチ MF → チェルシー
クリスティアーノ・ロナウド FW → ユヴェントス

ブラジルのフラメンゴから加入しているヴィニシウスには注目していきたいですね。

技術レベルは申し分ないと思いますので、レアルのサッカーに適応出来れば活躍が期待できるでしょう。

また今シーズンの加入は実現しませんでしたが、フランス代表のエースであるエムバペの獲得の噂が消えないですね。

監督が元フランス代表のジダン監督ですので、近いうちに移籍が実現しても全く驚きではないでしょう。


2018年-2019年シーズンのユニフォーム

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07HJ7HX96&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=morimotoj 22 - レアルマドリードの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。

白を基調として、黒のラインのモデルです。
シンプルで強そうですね。
(¥11,654~)

2018年-2019年シーズンの主なフォーメーション

主なフォーメーションは以下の通りです。

FW     ベンゼマ
. アセンシオ       ベイル
(ブラヒム・ディアス)  (ヴィニシウス)
MF     モドリッチ

.   カゼミーロ  クロース

DF マルセロ        カルバハル
.   ヴァラン  セルヒオ・ラモス

GK     クルトワ

全体的に若干高年齢化しつつあるレアルマドリードですが、ブラヒム・ディアスなど、若手の台頭に期待したいところでしょう。

クラブワールドカップでも見せたモドリッチ、カゼミーロ、クロースの中盤はコンビネーション抜群ですね。


2017年-2018年シーズン

a1805b1fdf00003a798a18eabbb12787 300x225 - レアルマドリードの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。
昨年はクラブワールドカップを制し、世界一のクラブの称号を手にしたレアルマドリード。

2017年-2018年シーズンの移籍情報

【IN】
ヘスス・バジェホ DF ← レンタル復帰
テオ・エルナンデス DF ← アトレティコマドリー
マルコス・ジョレンテ MF ← アラベス
ダニ・セバージョス MF ← ベティス
ボルハ・マジョラル FW ← レンタル復帰

【OUT】
ペペ DF → ベシクタシュ
ダニーロ DF → マンチェスターシティ
ハメス・ロドリゲス MF → バイエルン
アルバロ・モラタ FW → チェルシー
エンツォ・ジダン FW → アラベス

ジダンジュニアの移籍には少し驚いたのですが、やはり出場機会を求めての事でしょう。
ジョレンテに関しては分厚い攻撃陣にどこまで入り込めることが出来るか注目ですね。

2017年-2018年シーズンのレアルマドリードのユニフォーム

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B073D2XJKT&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=morimotoj 22 - レアルマドリードの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。

水色のラインが鮮やかでおしゃれなイメージを演出して素敵ですね。
(¥12,719~)

2017年-2018年シーズンの主なフォーメーション

主なフォーメーションは以下の通りです。

FW    クリスティアーノ・ロナウド
 ベンゼマ       ギャレスベイル
 (アセンシオ)      (イスコ)
MF      モドリッチ

    トニクロース  カゼミーロ
        (コバチッチ)
DF マルセロ         カルバハル
    ヴァラン  ナチョ (セルヒオラモス)

GK       ケイラー

やはり2018シーズンもクリスティアーノロナウドの得点力に期待がかかるところでしょう。

かつてのようなドリブルのキレは失われつつありますが、ゴール前でのポジショニングに磨きが掛かっている印象を受けますね。

ベイル、ベンゼマ共にベテランの領域に達していると思われますが、まだまだ他チームにとっては脅威の攻撃陣であることには変わりないでしょう。


レアルマドリードの試合観戦、スペイン旅行におすすめの付随商品ご紹介

いかがでしょうか。レアルマドリードの試合を観戦するだけで改めてサッカーの素晴らしさを感じて頂けるのではないでしょうか。

世界トップレベルを走り続けるレアルマドリードのサッカー。

レアルマドリードなどのスペインサッカーを一度観戦すると、その現場の熱量に圧倒される事は間違いないと思います。

サッカーに打ち込んでいるお子さんであれば、本場の試合を観戦する事で、自分自身の成長にとても良い刺激になるでしょう。

本場のサッカーを観戦してみようとお考えの方はヨーロッパのトップリーグの試合を一事度観戦されてみてはいかがでしょうか。

VISAカード

海外旅行をするのであれば、一枚クレジットカードを作っておいた方がよいでしょう。

様々なクレジットカードがありますが、VISAカードであれば世界中のあらゆる店舗で使用する事が可能でしょう。

マドリードの場合、現金であれば、当然ユーロを持たなければならないので、両替や紛失・盗難などを考慮すると、カード払いが可能な店舗はなるべくカードで払った方が良いでしょう。

旅費をカードで支払う事で海外旅行傷害保険にも加入する事が出来ますので旅行時のトラブルにも安心でしょう。

日常生活の支払いや買い物でポイントを貯め、貯まったポイントをマイルに変換する。

そして格安ホテルを予約し、海外旅行をする。という一つの生活サイクルが出来上がると非常にリーズナブルに海外サッカー観戦が楽しめるのではないかと思います。

SBIネオモバイル証券

investment 300x174 - レアルマドリードの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。
ヨーロッパへの海外旅行やレアルマドリードのサッカー観戦のために気軽に始められるモバイル投資はいかがでしょうか?

お持ちのTポイントで投資を始める事が出来る今話題のSBIネオモバイル証券のご紹介をしたいと思います。

ネオモバイル証券は、毎月200円(税込み216円)のサービス利用料を払う事で50万円以内の株式であれば何度でも取引をする事が可能になる新しいモバイル証券です。

その支払った200円もモバイル証券から毎月同額の200ポイントが還元されるため、実質無料で投資が可能になります。

しかも、お持ちのTポイントを投資に回す事が出来るため、日常生活(ファミマやガストなど)の買い物やクレジットカードでの買い物で貯まったポイントを投資に回す事が出来ます。

サッカー関連の日本株式ですと以下のような会社があり、株主となると、実質会社経営権の一部を持つこととなります。

・デサント(umbro、lecoq等) 1株 約1800円
・アシックス 1株 約1200円

100株集めると株主優待券などをもらえるため関連商品を割安で購入したりする事も可能になります。

親会社のSBIホールディングスは東証一部上場企業であり、資金を安心して預けられる証券会社と言えるでしょう。

グループのSBI証券はネット証券のシェアにおいて口座数、売買代金共に日本一の証券会社です。

SBIネオモバイル証券においては何十万も資金を用意する必要はなく、余剰のTポイントを無駄なく投資に回す事が出来る。

海外サッカー観戦などの資金確保、また将来に向けた本格的な投資の第一歩として、ネオモバイル証券のTポイント投資を始てみてはいかがでしょうか。

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】0 - レアルマドリードの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む。



ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向

リーガエスパニョーラ
FCバルセロナ|レアルマドリード|アトレティコマドリード|バレンシア|セビージャ|レアルソシエダ|ビジャレアルCF|グラナダCF|エイバル|SDウエスカ

イングランドプレミアリーグ
マンチェスターユナイテッド|マンチェスターシティ|リヴァプール|アーセナル|チェルシー|トットナム|レスターシティ|ウォルヴァーハンプトン|エヴァートン

イタリアセリエA
ユベントス|ACミラン|インテル|ナポリ|ASローマ|ラツィオ|アタランタ|フィオレンティーナ|ボローニャ

ドイツブンデスリーガ
バイエルンミュンヘン|ドルトムント|ライプツィヒ|ボルシアMG|フランクフルト

フランスリーグアン
パリサンジェルマン|リヨン|マルセイユ|リール・メトロポール|ASモナコ

オランダエールディビジ
アヤックス|PSV|フェイエノールト

ポルトガルリーグ
FCポルト|SLベンフィカ|スポルティング





世界主要国の代表チームのメンバー・フォーメーション

ヨーロッパ
スペイン|フランス|イタリア|ドイツ|オランダ|ポルトガル|ベルギー|イングランド|デンマーク|スウェーデン|ロシア|セルビア|スイス|クロアチア|ポーランド|ノルウェー

南米・北中米
ブラジル|アルゼンチン|ウルグアイ|コロンビア|メキシコ

アフリカ
エジプト|ナイジェリア|モロッコ|セネガル

アジア・オセアニア
日本|韓国|オーストラリア



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA