プレシーズンマッチ2021 若手主体のレアルマドリードはロドリゴの先制ゴールもレンジャーズに逆転負けを喫する

2021 - プレシーズンマッチ2021 若手主体のレアルマドリードはロドリゴの先制ゴールもレンジャーズに逆転負けを喫する

2021-2022プレシーズンマッチ

レアルマドリード – レンジャーズ

今シーズンよりアンチェロッティ監督の元始動したレアルマドリードが若手選手主体のプレシーズンマッチを行っています。

レアルマドリードの先発メンバーは以下の通り

FW ロドリゴ ヨヴィッチ ルーカス・バスケス
MF イスコ ブランコ ウーデゴール
DF マルセロ ナチョ チュスト オドリオソラ
GK ルニン

21歳DFビクトル・チュスト、20歳MFアントニオ・ブランコなど、昨シーズントップチームデビューした若手選手もスタメン出場しています。

この試合印象的な活躍を見せていたのは左ウイングで先発出場した20歳FWロドリゴでしょうか。
前半8分の先制点のシーンでは鋭い切り返しから冷静なシュートでゴールを奪うと、その後もキレのあるドリブルで幾度とチャンスを演出していましたね。

昨シーズンは1ゴールという少し物足りない成績で終えたロドリゴですが、今シーズンは飛躍のシーズンとする事が出来るか今後に注目でしょう。
 

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。