バルセロナのトレーニング風景のご紹介

バルセロナのトレーニング風景

世界一のサッカークラブと称されるFCバルセロナは普段どのようなトレーニングをしているのでしょうか?

全体的に所属する選手個々の能力が非常に高いため、トレーニング中の簡単なミスがあまり目立たないですね。

今回ご紹介していますトレーニングは
ウォーミングアップのボール回し→シュート練習→ミニゲームと続いています。

シュート練習は実際の試合をシミュレーションしたような動きを取り入れた練習になっており、当たり前の事ですが、シュート1本を確実に決めていこうという意識が感じられます。

ディフェンスの役割をしている人間の置物もカラーコーンとは異なり実際のプロのディフェンスの大きさに近づけた設定なのでしょう。

そして最後はミニゲーム。
ペナルティーエリアくらいの大きさで、ゲームをしていますね。
この方法は数多くのプロチームで取り入れているゲーム方法ですね。

練習の中でも特に注目なのはメッシの役割ですかね。

ミニゲーム中メッシは常にボールホルダー側の味方になるように決められており、メッシは攻撃に専念するというチーム方針がはっきりと現れている練習と言えるのではないでしょうか。

ボールを保持してからシュートを打つまでが非常にスピーディーで、ゴールへの意識を強く植え付ける良い練習方法と言えるでしょう。

世界中が憧れるバルセロナの攻撃的なポゼッションサッカー。

試合の分析する事ももちろん重要ですが、その練習方法をじっくりと見ることで、強さの秘訣を見つけることが出来るかもしれません。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA