コパデルレイ準決勝セカンドレグ ピケ、ブライトバイテのロスタイムのゴールでFCバルセロナはセビージャに逆転勝利

コパデルレイ準決勝

バルセロナ vs セビージャ

コパデルレイ準決勝 第2戦
第1戦を 0-2 で落としているバルセロナはホームでセビージャとの一戦となりました。
バルセロナは前線にメッシとデンベレを起用するツートップ気味のフォーメーション、対するセビージャはスソ、ルーク・デヨング、ヱン=ネシリを前線に起用するフォーメーションで試合が開始します。

2得点以上を挙げて勝利しなければ決勝進出の可能性はないバルセロナが前半から圧倒的に攻め込む展開が続きます。

特にデンベレは両利きという特徴を活かし、再三に渡りセビージャ ゴールを脅かしていましたね。
先制点はそのデンベレがペナルティーエリア左外の位置から右足に持ち替え、強烈なゴールを叩き込んでいます。
ドリブル突破を警戒していたセビージャディフェンスの隙をついた素晴らしいゴールと言えるでしょう。

そのまま後半に入り、セビージャにPKのチャンスが訪れるものの、GKテアシュテーゲンが見事なセーブで防ぎます。
このPKを決めていればセビージャの決勝進出は確実なものになっていたかもしれません。

そして劇的な逆転はロスタイムに入ってからでしたね。グリーズマンが左サイドで鮮やかな切り返しから絶妙なクロスボールを入れ、ゴール前にポジションを取っていたピケがヘディングで追加点を奪います。

そしてその勢いそのままに1分後にはジョルディアルバからの左サイド後方からアーリークロスを入れ、ブライトバイテがダイビングヘッド気味にゴールへ流し込み、逆転勝利を収めています。

ブライトバイテのゴールシーンは、足元でボールを受けてからゴールシーンが生まれる事の多いバルセロナの得点シーンの中では少し珍しい光景でしたね。
勝利への執念が現れたゴールと言えるでしょう。

決勝戦も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA