久保建英の今シーズンリーグ初ゴールが決まりマジョルカがアウェーでアトレティコマドリードに逆転勝利

Wanda Metropolitano - 久保建英の今シーズンリーグ初ゴールが決まりマジョルカがアウェーでアトレティコマドリードに逆転勝利

リーガエスパニョーラ2021-2022

アトレティコマドリード vs マジョルカ

マジョルカに所属する久保建英がついに今シーズン初ゴールを決めています。
アトレティコマドリードのホームで行われたリーグ第16節の一戦

ホームのアトレティコマドリードは前線にグリーズマン、マテウス・クーニャ、2列目にアンヘル・コレア、ロドリゴ・デ・パウルを起用するフォーメーション、対するアウェーのマジョルカはアブドン・プラッツをワントップに、2列目にアントニオ・サンチェス、ダニ・ロドリゲス、イ・ガンインを起用するフォーメーションで試合が開始します。

注目の久保建英は後半74分からの途中出場となりましたね。

試合は前半をスコアレスドローで折り返すと、後半に入りアトレティコマドリードが先制ゴールを奪います。

右サイドのスペースでボールを受けたアルゼンチン代表MFアンヘル・コレアが巧みな切り返しでマジョルカディフェンスを突破し、中央へ折り返し、そのボールをマテウス・クーニャが押し込み先制に成功します。

強豪のアトレティコ相手に先制ゴールを奪われるまではゲームプラン通り(引き分けでもOK)だったであろうマジョルカも、この失点直後に負傷明けの久保を投入します。

その狙い通りの形となり、交代出場数分後にはセットプレーから同点ゴールを奪い、試合終了間際のところで後半途中出場の久保が見事なゴールを見せてくれています。

ハーフウェーライン手前から相手ディフェンスライン裏へ絶妙なタイミングで抜け出し、相手ゴールキーパーと1対1になった久保は冷静に左足で勝ち越しゴールを決めています。

膝の負傷が心配されましたが、今日のゲームでは持ち味の素早い動き出しから積極的なプレーが見られた久保選手。
コンディションを整えて日本代表にも早く復帰してもらいたいところでしょう。

この試合を終えてはリーグ戦8試合ぶりの勝利を手にしたマジョルカはリーグ12位へ。
一方シーズン開始前にはグリーズマン、ロドリゴ・デ・パウルらの補強に成功し注目を集めたアトレティコですが、今節マジョルカ相手に痛いホームでの敗戦など、リーグ順位も5位に後退しています。

次節のリーガ・エスパニョーラも非常に楽しみです。
ゲームハイライト(youtube)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。