アレクシス・サンチェスの2ゴールなどでパルマ戦に勝利しリーグ戦6連勝のインテル。 11シーズンぶりのセリエA制覇に向けてリーグ首位をキープ

2 - アレクシス・サンチェスの2ゴールなどでパルマ戦に勝利しリーグ戦6連勝のインテル。 11シーズンぶりのセリエA制覇に向けてリーグ首位をキープ

セリエA 2020-2021

インテル vs パルマ

セリエA首位を走るインテルが好調ですね。
第25節のパルマとのアウェーでの一戦
インテルは前線にエースのルカク、アレクシス・サンチェスを起用するフォーメーションで試合が開始します。

ボール支配率、シュート数などはほぼ互角で推移するものの、決定的なチャンスをより多く生み出し、ものにしたのはインテルと言えるでしょう。
その攻撃の中心として君臨したのはやはりベルギー代表FWルカクですね。

前半から屈強な体格を活かしたポストプレーで、右サイドのアクラフ・ハキミらと連携し、何度も決定的なチャンスを演出しています。
これほどの身体のサイズがありながら、非常にしなやかな動きで楔のボールを正確に処理し、時には楔のパスをリターンすると見せかけて裏のスペースへ自身で持ち込むなど、パルマディフェンスを翻弄したプレーを見せていますね。

2点目のシーンなどはハーフウェーライン近くからペナルティーエリア前まで迫力のあるドリブルでボールを運び、相手ディフェンスを引き付けたところでアレクシス・サンチェスに絶妙なパスを渡しています。
ルカク自身がシュートを放っても良さそうなシーンでしたが、よりゴール確率が高そうなポジションにいるサンチェスにパスをしているあたりはチームプレーに徹している感がありますね。

2得点を挙げたサンチェスも勿論素晴らしいのですが、やはりこの試合もルカクの圧倒的な存在感を感じさせてくれるゲームでしたね。
この試合に勝利したインテルはこれでリーグ戦6連勝。
2位ミランとは勝ち点差6となり、また一歩スクデッドに近づいた感がありますね。

次節の一戦も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。