ユベントス-ミラン ライバル対決はディバラのゴールで決着

セリエA ユベントス-ACミラン

セリエA強豪クラブユベントスとミランの一戦
ホームのユベントスはクリスティアーノ・ロナウドが先発するものの、ミランの堅守に阻まれ得点を奪えない時間帯が続きます。

対するミランもブラジル代表ルーカスパケタを中心に攻撃のチャンスを作っていきます。

そして後半疲れの見えたクリスティアーノ・ロナウドに代わり、こちらも恐らくUEFACLの疲労からか、ベンチスタートのディバラが投入されます。

決勝点はディバラが投入されてすぐのタイミングでした。
左サイドでボールを受けた選手が中に切れ込み、中央の選手とワンツーで突破を試みます。

その流れのままディバラに渡り、ディバラは左足でシュートをすると見せかけ、大きく切り返します。

左足の強烈なシュートのイメージが強くあるためか、ディフェンスの選手はディバラのシュートモーションには警戒せざるを得なく、まさに打たれるか、抜かれるかの2択の状況と言えるでしょう。

この決勝点のような右足の強烈なシュートで得点を量産するようになれば、ますます手がつけられない選手になるでしょう。

ディバラがイタリア以外のリーグで活躍する姿も見てみたいものです。

ゲームハイライト

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA