セリエA 2020-2021日本代表DF吉田フル出場のサンプドリアはウディネーゼを接戦の末に下す。

セリエA 2020-2021

サンプドリア vs ウディネーゼ

日本代表DF吉田選手が所属するサンプドリアはウディネーゼをホームに迎えての一戦となりました。
サンプドリアは4-4-2のフォーメーションでしょうか。
吉田選手はセンターバックのポジションでスタメン出場しています。

試合は序盤からウディネーゼの猛攻をサンプドリアが凌ぐような展開が続いています。
特にウディネーザNo.10 アルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルの鋭いドリブル突破や、ミドルシュートにサンプドリアディフェンス陣は手を焼いている感じがありましたね。

決定的なピンチが何度も訪れますが、吉田選手を含め、何度もゴール前でのファインプレーでチームを救っています。

試合の結果はというと、後半に入りウディネーゼのMFロドリゴ・デ・パウルの豪快な中央突破から先制を許すも、後半にサンプドリアがPKから同点に追いつき、さらに後半35分過ぎに左サイドからのクロスボールを今冬ブレシアから新たに加入したFWトッログレッサが豪快なヘディングシュートで決め、勝ち越しを決めています。

この試合に勝利したサンプドリアは暫定でセリエA 10位につけています。

吉田選手の今後の活躍が非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA