セルビア代表FWヴラホヴィッチが2ゴールを決める活躍 ユベントスはアウェーでエンポリに勝利

soccerball on wide green grass field

Photo by Pixabay on Pexels.com

セリエA 2021-2022 第27節

エンポリ vs ユベントス

エンポリのホームで開催されたユベントスとの一戦
今シーズン途中に加入したセルビア代表FWヴラホヴィッチが2ゴールを決める活躍を見せています。

ユベントスは前線にFWヴラホヴィッチ、FWモイーズ・キーン、両サイドにMFアドリアン・ラビオ、MFグアドラードを起用するフォーメーションで試合が開始します。

190cmの上背がありながらも、俊敏な身のこなしからフィオレンティーナで得点を量産してきたヴラホヴィッチ。

モイーズ・キーンのゴールで先制したユベントスはエンポリに同点ゴールを許すものの、ヴラホヴィッチの逆転ゴールにより勝利を手にしています。

2点目のシーンではペナルティーエリア内で自信の足元に入ったボールを巧みなキックフェイントから相手ディフェンスを翻弄し、左足でゴール。

そして3点目はスペースへ走り込みながらパスを受け、そのまま持ち込みゴールキーパーの体勢を確認しての鮮やかなループシュートを決めています。

フィオレンティーナ所属時の17ゴールと合わせると今日のゲームでのゴールで20ゴール目を決めたヴラホヴィッチ
残りのゲームで得点記録をどこまで伸ばす事が出来るのか注目でしょう。

次節も非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。