フランス代表MFチュアメニの豪快な無回転シュートによりASモナコがリールに勝利

soccerball on wide green grass field

リーグアン2021-2022 第36節

リール vs ASモナコ

昨年フランス代表にも初招集されたモナコ所属のMFチュアメニが豪快なゴールを決めています。
リールのホームで行われた一戦

リールは前線にジョナサン・ディヴィッド、ティモシー・ウェアらを起用するフォーメーション、対するモナコは前線にベン・イェデル、ケヴィン・フォラントらを起用するフォーメーションで試合が開始します。

無得点のままゲームが進み、そのまま後半かと思われましたが、前半終了間際に右サイドを崩したモナコはゴール前ペナルティーエリア手前にポジションを取ったチュアメニにボールを預けます。

ボールを受けたチュアメニはコントロールした後すぐに左足に持ち替え、強烈なシュートをゴール右隅に決めています。

そして圧巻だったのは後半の決勝ゴール。

後半30分に左サイドからボールを受けたチュアメニはボールをコントロールし、ゴールから25メートルほどの距離から右足で強烈な無回転シュートを放ちます。

低い弾道の強烈な一撃は少し変化をしながらゴールポスト左隅を捉え、そのままゴールへ。

ビッグクラブへの移籍の噂が出始めているオーレリアン・チュアメニ。
187cmの体格から繰り出される豪快かつ正確なプレーは今後が楽しみですね。

モナコはリールとの試合に勝利し、リーグアン3位をキープしています。

次節も楽しみですね。
ゲームハイライト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。