ポルトガル代表ダニエル・ポデンセ、ネトらの活躍によりウォルヴァーハンプトンはチェルシーに逆転勝利

イングランドプレミアリーグ 2020-2021

ウォルヴァーハンプトン vs チェルシー

ウォルヴァーハンプトンのホームで行われたチェルシーとの一戦。

ウォルヴァーハンプトンはシルバとネトの2トップ、トップ下にダニエルポデンセのフォーメーション、
対するアウェーのチェルシーはワントップにジルー、両ウイングにプリシッチとヴェルナーを起用するフォーメーションで試合が開始します。

先制点はチェルシーでした。
鮮やかにサイドを変える展開から最後はジルーが左サイドからのセンタリングをダイレクトのボレーで合わせゴールを奪っています。

その後もやや自力に勝るチェルシーが逃げ切る展開になるかと思われましたが、この試合活躍を見せたのは、ウォルヴァーハンプトンのNo10ポルトガル代表 ダニエル・ポデンセ、No7 U-19ポルトガル代表 ネトでしょう。

両選手共に小柄ですが非常にアジリティが高く、屈強なチェルシーディフェンス陣をドリブルでかき乱すシーンが目立ちましたね。
特にネトに関してはドリブル突破後に得たPKの判定をシミュレーションと見なされ逆転のチャンスを逃すものの、その直後にスピードに乗った状態からディフェンスを外し、左足で豪快なシュートを突き刺しています。

この試合途中出場のアダマ・トラオレ、またこの試合は出場が無かったメキシコ代表のヒメネスなど、今後も若き攻撃陣が躍動すれば、今シーズンのリーグ上位が狙えるのではないでしょうか。

今後のリーグ展開が非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA