トッテナムの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

.jpg?fit=640%2C480&ssl=1 - トッテナムの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む

イングランドプレミアリーグの強豪トッテナム・ホットスパー

イングランドプレミアリーグの強豪クラブの一角であるトッテナム・ホットスパーFC。
トッテナム・ホットスパーFCの戦略・フォーメーションを考えてみたいと思います。

トッテナム所属の主なプレーヤー



2021年-2022年シーズン

2021年-2022年シーズンに向けて動き始めています。

2021年-2022年シーズンの主な移籍情報

主な移籍情報です。

【IN】
ピエルルイージ・ゴッリーニ GK 26 ← アタランタ ※期限付き移籍
クリスティアン・ロメロ DF 23 ← アタランタ

【OUT】
ダニー・ローズ DF 30 → ワトフォード

アタランタからイタリア代表GKピエルルイージ・ゴッリーニ、アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロの加入が発表されています。
ケインなど、今後の移籍動向に注目ですね。

2020年-2021年シーズン

モウリーニョ監督の采配はいかに。

2020年-2021年シーズンの主な移籍情報

主な移籍情報です。

【IN】
ピエール=エミール・ホイビュルク MF 25 ← サウサンプトン
ギャレスベイル FW 31 ← レアルマドリード ※レンタル移籍
セルヒオ・レギロン DF 23 ← レアルマドリード
カルロス・ヴィニシウス FW 25 ← ベンフィカ ※レンタル移籍

【OUT】
ヤン・フェルトンゲン DF 33 → ベンフィカ
フアン・フォイス DF 22 → ビジャレアル

ウェールズ代表のベイル、デンマーク代表ピエール=エミール・ホイビュルクの加入が決まっています。

2020年-2021年シーズンの主なフォーメーション

tottenham 2020 2021 - トッテナムの戦略は?メンバー・フォーメーションを読む
昨シーズンデンマーク代表のエリクセンが移籍し、オフェンス陣はイングランド代表ハリーケイン、韓国代表ソンフンミンに加え、また今シーズン加入したギャレス・ベイル、同じく今シーズンベンフィカから加入したヴィニシウスを中心とした布陣となるでしょう。
久々のプレミアリーグ復帰となるベイルが得点数をどこまで伸ばせるのか注目ですね。



2019年-2020年シーズン

2019年-2020年シーズンの主な移籍情報

IN
タンギ・エンドンベレ MF リヨン
ライアン・セセニョン MF フルアム
ジョバニ・ロ・セルソ MF ベティス
ジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ FW モナコ

OUT
ミシェル・フォルム GK 未定
キーラン・トリッピアー DF アトレティコ・マドリード
ルーク・エイモス MF QPR
レンタルフェルナンド・ジョレンテ FW 未定
フィンセント・ヤンセン FW モンテレー
キャメロン・カーター=ヴィッカース DF ストーク・シティ ※レンタル移籍
ジョシュア・オノマー MF フルアム

新加入選手の中で注目はフルハムから加入したMFライアン・セセニョンでしょう。
19歳と非常に若い選手ですが、年代別のイングランド代表にも選出されており、将来性は高そうですね。

2019年-2020年シーズンの主なフォーメーション

2019年-2020年の主なフォーメーションは以下の通りです。

FW     ハリー・ケイン

ソンフンミン       エリクセン

MF             デレ・アリ

 ハリー・ウィンクス   シソコ

DF デイヴィス       オーリエ

  フェルトンゲン アンドレヴェイレルト

GK       ロリス

フォーメーションはイングランド代表ハリーケイン、韓国代表ソンフンミン、デンマーク代表エリクセンを中心とした4-3-3が有力だろうと思われます。
3選手共に年齢層も若く、昨シーズン以上の活躍を見せてくれる可能性は十分でしょう。

一方のディフェンス陣はフェルトンゲン、アンドレヴェイレルトのベルギー代表コンビを中心として、昨シーズンと大きく変わらない見通しのため、安定した守りを見せてくれるのではないでしょうか。

今シーズンのトッテナムの試合に注目していきたいですね。



ヨーロッパ主要クラブの移籍情報・動向

スコットランドリーグ
セルティックFC
ベルギーリーグ
シント=トロイデンVV





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。