エリク・ラメラの鮮やかなラボーナによるゴールもアーセナルは今冬新加入のウーデゴールらのゴールでトッテナムに逆転勝利

イングランドプレミアリーグ2020-2021

アーセナル vs トッテナム

プレミアリーグに所属する強豪チーム同士の一戦
両チーム共にチャンピオンズリーグ出場圏内(4位内)に入るためにこれ以上負けられない一戦は非常に白熱した戦いとなりましたね。

アーセナルはワントップにラカゼット、左ウイングにスミス・ロウ、右ウイングにブカヨ・サカ、トップ下にウーデゴールを起用するフォーメーション、対するトッテナムはワントップにハリーケイン、左ウイングにソン・フンミン、右ウイングにギャレス・ベイルを起用するフォーメーションで試合が開始します。

前半早々にソン・フンミンがハムストリングを負傷し、アルゼンチン代表FWエリク・ラメラが交代でピッチに入ります。

そして先制点を決めたのはそのエリク・ラメラでした。
サイドチェンジのパスを受けた左サイドバックのDFセルヒオ・レギロンが中央にダイレクトでボールを入れます。そのボールを受けたルーカス・モウラがエリク・ラメラにボールを預け、エリク・ラメラが鮮やかなラボーナを決めていますね。

アルゼンチンの選手らしさが現れたプレーかと思いますが、右利きの選手であればほぼ間違いなく右足でシュートを放っていたシーンでしたが、効き足が左足のエリク・ラメラにとってはボールへのアプローチの方法など、ラボーナの方が確実だったという事でしょう。

試合の方はその後、アーセナルのウーデゴールが前半終了間際に同点ゴールを決め、さらに後半にはラカゼットが自身で得たPKのチャンスを決め逆転勝利を手にしています。

次節も非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA