サッカーに関わる仕事はどんなものがあるの?

サッカーに関わる仕事にはどのようなものがあるのか?

Jリーグが誕生して、25年が経ちました。
Jリーグも3部リーグまで誕生して、国内外で活躍するプロのサッカー選手も増えてきていますね。

怪我などの理由により、全員が希望するプレーヤーとして活躍できるとも云えないのが現実でしょう。

今回はプレーヤー以外でサッカーに関わる仕事に関してご紹介したいと思います。
 

監督・コーチ業

今までの経験を活かしてサッカー関連の職業につくのであれば、最も適した職業ではないでしょうか。

監督という役割はチームに一人しかいないため、それなりの指導経験と日本サッカー協会の公的資格が必要になるでしょう。

コーチもほぼ同様なのですが、監督と比べるとスクールコーチなどはかなりの人を募集していますね。

近年は海外移籍する選手が増えてきている事も影響し、小学校年代からサッカースクールに通う子供達が増えてきています。

子供が増えてくるという事は指導者も当然必要になってきますから、職につける可能性は高いでしょう。
 

トレーナー

選手のコンディション管理やトレーニングの補助をしたりする役割の職業ですね。

Jリーグクラブなど、ある程度組織化されたサッカークラブであれば、必ず数人は在籍しているでしょう。

当然今までのサッカー経験も必要になってくる仕事だと思いますので、Jリーグクラブなどで働いてみたいと考えられている方は選択肢に入れて頂いても良いので
はないでしょうか。
 

審判員

レフェリーという仕事もサッカーに関わる重要な仕事です。

正しく判断出来て当たり前というレフェリーの仕事は大変な側面もありますが、活躍次第で報酬面も大きく伸ばす事が出来る職業ですね。

試合中はピッチ内は走り回る必要もあるので、体力面などサッカーのプレー経験を活かせる仕事の一つでしょう。
 

スポーツ雑誌の編集者

日本だけでなく、様々な諸外国でサッカーが行われているため、その内容を伝えたりする仕事も立派なサッカー関係の職業と言えるでしょう。

記者としての経験だけでなく、サッカーというスポーツの魅力を伝える事が出来るような能力をつければ、面白い職業と言えるのではないでしょうか。
 

選手のスカウト

主にプロクラブに限った仕事になりますが、やはりスカウトという職業の方は存在します。

誰でもなれる職業ではないのですが、プレーヤーとして一定の成績を残した選手であればスカウトとして活躍できる可能性はあるでしょう。
 

クラブ広報・営業スタッフ

Jリーグクラブなどでは、通常の会社員に近い形で勤務されている元サッカー選手の方もたくさんいらっしゃいます。

スポンサーの獲得、スタジアムの運営、スクールの運営など、営業的な仕事、事務的な仕事はかなり多くあるでしょう。
 

最後に

何らかの形でサッカーに関わって仕事をしてみたいとお考えの方は真剣に進路の事を考えてみてはいかがでしょうか。

サッカークラブの運営などに携わる事で、様々なビジネススキルを身に付ける事が出来るでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA