スペイン リーガエスパニョーラ直近5年の順位遷移から見えてくるものとは?

リーガエスパニョーラ直近5年の上位チーム順位遷移

世界最高峰のリーグと呼ばれるスペイン リーガ・エスパニョーラ
その直近5年のリーグ順位の遷移を眺めてみると、ある程度チームの総合力が読み取れてきますね。

直近5年の上位チーム順位遷移

35747169e1fd69079291ceb1461608aa - スペイン リーガエスパニョーラ直近5年の順位遷移から見えてくるものとは?

リーグ優勝についてはスペイン・リーガエスパニョーラだけでなく、世界的なビッグクラブであるレアルマドリード、FCバルセロナのどちらかがを勝ち取るような展開が続いています。
この点はクラブの資金力を含めた総合力を考えると実力通りといったところでしょうか。

その後の3位以降の争いに注目してみるのもまた面白いですね。

近年は3強の一角と呼ばれるアトレティコマドリード、またセビージャ、ビジャレアル、レアル・ソシエダといった中堅クラブが比較的安定的な力を見せてくれています。

リーグ優勝ほど目立った成績ではないのですが、リーガ4位以内に入るとUEFAチャンピオンズリーグ出場圏内を確保する事が可能になり、放映権収入など、より一段とチーム力の強化が進む事になるからです。

日本代表の久保選手が所属するビジャレアルに関しても、各国代表選手など、それなりの選手層を誇り、直近のリーグ順位に納得感があると言えるでしょう。

レアルマドリード、FCバルセロナといったメガクラブにはまだまだ資金力や歴史の面で及ばない点が多いものの、上記4クラブの今後の戦いには非常に注目していきたいですね。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA