ACL2021レアンドロダミアンのバイシクルが決まり川崎フロンターレがグループリーグ初戦を白星で飾る

acl2021 - ACL2021レアンドロダミアンのバイシクルが決まり川崎フロンターレがグループリーグ初戦を白星で飾る

ACL2021 グループリーグ

川崎フロンターレ vs 大邸FC

ACLグループリーグの一戦
I組に振り分けれられた川崎フロンターレは韓国Kリーグに所属する大邸FCとの一戦となりました。
川崎フロンターレは前線に三笘、レアンドロダミアン、家長を起用し、2列目には旗手、脇坂を起用するフォーメーションで試合が開始します。

前半開始早々に大邸FCに左サイドを崩されてから最後にFWファン・スンミンにゴール前のこぼれ球を決められ、速い時間帯からビハインドとなりますが、この試合はセンターフォワードのレアンドロダミアンが見せてくれましたね。

前半39分過ぎにDFジェジウからのボールを受け、胸の高さにコントロールしたボールを迷うことなくバイシクルシュートで決めています。(ファーストタッチで意図的にあの位置にコントロールしたのかはわかりかねますが、いずれにしてもシュートへの素早い判断と身体の使い方が上手いですね。)
コロナ禍の中での試合のため観客がいなかったのが残念ですが、観客がたくさん入っていれば大歓声につつまれていそうなゴールでしたね。

その後大邸FCにリードを許すも、すぐに左サイドを三笘がドリブルで崩しレアンドロダミアンが同点ゴール。そしてコーナーキックからのこぼれ球をシミッチが決勝点を決め、見事に逆転勝利を手にしています。

次節も非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。