関東ユース(U-15)サッカーリーグ2021展望・参加チームご紹介

d43b1d27abbc1a77875ebe82342f1fb4 - 関東ユース(U-15)サッカーリーグ2021展望・参加チームご紹介

関東ユース(U-15) サッカーリーグ

関東ユース(U-15)サッカーリーグ 2021

関東ユース(U-15)サッカーリーグ 2021が開幕しています。
参加チームをご紹介したいと思います。

FC LAVIDA
鹿島アントラーズつくば
横浜FC
FC東京U-15むさし
浦和レッドダイヤモンズJY
大宮アルディージャJY
FC東京U-15深川
柏レイソルU-15
三菱養和SC巣鴨JY
湘南ベルマーレU-15

今年もFC LAVIDAの戦いに注目ですね。


関東ユース(U-15)サッカーリーグ 2020

関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部の結果は以下の通りとなりました。
コロナ禍での開催となったため、1回戦総当たり(9試合)の開催となっています。

1位 FC LAVIDA(埼玉県)
2位 浦和レッドダイヤモンズJY
3位 鹿島アントラーズつくば
4位 湘南ベルマーレU-15
5位 FC東京U-15むさし
6位 横浜FC
7位 大宮アルディージャJY
8位 FC東京U-15深川
9位 柏レイソルU-15
10位 三菱養和SC巣鴨JY

優勝はFC LAVIDAとなりました。多数のJリーグクラブのジュニアユースチームを抑え、勝ち点22(7勝1分1敗)の見事な成績で終えています。
次年度のリーグ戦の戦いにも注目が集まるでしょう。

関東ユース(U-15) サッカーリーグ2019

関東ユース(U-15)サッカーリーグ2019が開幕しています。
ここで参加チームをご紹介したいと思います。

【参加チーム】
横浜FC
FC東京U-15むさし
FC東京U-15深川
浦和レッドダイヤモンズJY
横浜F・マリノスJY
鹿島アントラーズノルテ
鹿島アントラーズつくば)
柏レイソルU-15
大宮アルディージャJY
栃木SC
川崎フロンターレU-15
湘南ベルマーレU-15

関東地方 U-15年代のトップチームが集う関東ユース(U-15)
強豪チームが競い合うリーグ戦は試合内容も非常にハイレベルになります。
お時間のある方は会場まで足を運んでみてはいかがでしょうか。
 

関東ユース(U-15) サッカーリーグ2018

関東ユース(U-15)サッカーリーグ2018の結果は以下の通りとなりました。

1位 横浜FC
2位 FC東京U-15むさし
3位 FC東京U-15深川
4位 浦和レッドダイヤモンズJY
5位 横浜F・マリノスJY
6位 鹿島アントラーズノルテ
7位 鹿島アントラーズつくば
8位 柏レイソルU-15
9位 大宮アルディージャJY
10位 栃木SC
11位 鹿島アントラーズJY
12位 武蔵野シティFC

優勝は横浜FC U-15となりました。おめでとうございます。
11位鹿島アントラーズJY、12位武蔵野シティFCにつきましては健闘しましたが、2部リーグへ降格となっています。
2019年度は2部リーグより川崎フロンターレU-15、湘南ベルマーレU-15が昇格する事が決まっています。


全国各地のジュニアユース(U-15)サッカーリーグのご紹介

関東U-15サッカーリーグ|関西U-15サッカーリーグ

各都道府県 強豪ジュニアユース(U-15)セレクション・体験練習会のご紹介

北海道・東北地方
北海道|宮城県
関東地方
東京都|神奈川県|埼玉県|千葉県|茨城県
北信越地方
新潟県|富山県|石川県
東海地方
愛知県|静岡県
関西地方
大阪府|京都府|兵庫県|滋賀県
中国地方
広島県|岡山県|山口県
四国地方
愛媛県|徳島県
九州地方
福岡県|佐賀県|熊本県


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。