UEFACL2020-2021準決勝 壁の間を打ち抜くマフレズの決勝フリーキックによりマンチェスターシティがパリサンジェルマンに先勝

uefacl2020 2021 2 - UEFACL2020-2021準決勝 壁の間を打ち抜くマフレズの決勝フリーキックによりマンチェスターシティがパリサンジェルマンに先勝

UEFACL2020-2021 準決勝 1stleg

パリサンジェルマン – マンチェスターシティ

UEFACL準決勝の第一戦
パリサンジェルマンのホームで行われた試合はマンチェスターシティの勝利となりました。

パリサンジェルマンは前線にエムバぺ、ネイマール、ディマリアを起用するフォーメーション、対するアウェーのマンチェスターシティは前線にフィル・フォーデン、デ・ブライネ、マフレズを起用するフォーメーションで試合が開始します。

試合開始早々先手を取ったのはパリサンジェルマンでした。
前半15分に右からのコーナーキックをセンターバックのマルキーニョスが頭で押し込み先制します。

前半はそのまま1-0で終え、後半を迎えます。
そして同点ゴールはデ・ブライネからでした。
敵陣中央左サイドでボールを受けたデ・ブライネが右足でクロスボールを放り込みます。敵味方誰かが触ればゴールが生まれそうなボールでしたが、誰も触らずにそのままゴールは右隅へ吸い込まれていきましたね。

そして決勝点は後半25分過ぎのマフレズのフリーキックでした。
ゴール中央25メートルほどの距離からのフリーキックでしたが、パリサンジェルマンの壁の選手の間を狙ったかのような鋭いシュートが決まっています。

両チーム共に非常に攻撃的なチームですが、試合を通じてエムバぺの縦への突破でのチャンスを作らせなかったマンチェスターシティの守備の巧みさが光るゲームでしたね。

【試合結果】
パリ・サンジェルマン 1 – 2 マンチェスターシティ

2ndlegの一戦も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。