クラブワールドカップ2020準決勝 レヴァントフスキの2ゴールによりバイエルンミュンヘンはアリ・アハルに完勝

クラブワールドカップ2020

バイエルンミュンヘン vs アルアハリ

カタールで集中開催されている2020クラブワールドカップ。
準決勝 欧州代表のバイエルンミュンヘンはアフリカ代表のアルアハリとの一戦となりました。

バイエルンミュンヘンのスターティングメンバーはエースFWレヴァントフスキをワントップに、2列目にニャブリ、ミュラー、コマンを起用するほぼベストのメンバー、フォーメーションで試合が開始されます。

ゲームは戦前の予想通りですが、バイエルンミュンヘンがボールを圧倒的に支配し、攻め込む展開となりました。
個々の実力差もありますが、バイエルンミュンヘンはMFキミッヒ、MFマルク・ロカ、DFジェローム・ポアテングなどを中心にサイドを広く使いながらも、要所要所で鋭い縦パスをつなぐ、余裕のある試合展開を見せていましたね。

特にポアテングからの縦パスには様々な選手が反応し、チームの攻撃のダイナミズムを感じる攻撃ではありました。

冷静なシュートから2つのゴールを決めたレヴァンドフスキも素晴らしいですが、ゴールを決めるまでの流れは様々な選手が連動し、チーム全体で奪った得点と言えるでしょう。

北中米代表のティグレスとの決勝戦も非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA