スターリングの巧みな動き出しからの決勝ゴールによりイングランド代表がグループリーグ初戦を制す

19661 - スターリングの巧みな動き出しからの決勝ゴールによりイングランド代表がグループリーグ初戦を制す

EURO2020 グループD

イングランド代表 vs クロアチア代表

EURO2020予選リーグ グループD注目の一戦
優勝候補の一角にも挙げられるイングランド代表はクロアチア代表との一戦となりました。

イングランド代表は前線にスターリング、ハリー・ケイン、フィル・フォーデン、中盤にメイソン・マウント、カルヴィン・フィリップスらを起用するフォーメーション、対するクロアチア代表は前線にペリシッチ、レビッチ、クラマリッチ、中盤にはモドリッチ、ブロゾビッチを起用するフォーメーションで試合が開始します。

普段からビッグクラブでハイレベルなゲームを経験している選手が揃う両チームだけに、要所を締めながらも時折スピーディな展開からゴールチャンスが生まれる見応えのあるゲームとなりましたね。

この試合唯一のゴールを決めたシーンは後半11分過ぎ、カルヴァン・フィリップスがクロアチア ディフェンスライン手前で上手くボールを受け、左サイドから中央にポジションを変えていたスターリングに見事なスルーパス。
パスを受けたスターリングが鮮やかなゴールを決めています。
スターリングの巧みなポジション取りから生まれたゴールと言ってもいいかもしれませんね。

イングランド代表はディフェンスラインの中心であるハリー・マグワイアが欠場したものの、この日先発したアストンヴィラ所属のタイロン・ミングスらが非常に安定した守備・ビルドアップを見せていましたね。

次戦の戦いも非常に楽しみです。

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。