国際親善試合2021グリーズマンのバイシクルシュートが決まりフランス代表はブルガリア代表に快勝

国際親善試合2021

フランス代表 vs ブルガリア代表

フランスのホームスタジアムであるスタッド・ド・フランスで行われた国際親善試合の一戦
ブルガリア代表をホームに迎えたフランス代表は久々に代表復帰を果たしたFWベンゼマが先発メンバーに名を連ね、EUROに向けたベストメンバーでの戦いとなりました。

フランス代表は前線にエムバぺ、ベンゼマ、グリーズマン、中盤にはポグバ、トリッソ、カンテをスターティングメンバーに起用するフォーメーションで試合が開始します。

序盤からホームの声援の後押しもあり圧倒的にゲームを支配するフランス代表。
エムバぺが巧みなボールキープから左サイドで何度も起点を作り、ゴールチャンスを増やしていきます。
そして前半29分にはグリーズマンの鮮やかなゴールで先制します。
左サイドからのクロスボールをブルガリア代表DFがクリアした浮き球に反応し、後ろに下がりながらのオーバーヘッド気味のボレーシュートを鮮やかに決めています。

前半終了間際に注目のFWベンゼマが負傷交代するものの、後半にはそのベンゼマに替わって出場したジルーが2得点を決め、3-0とブルガリア代表に完勝しています。

親善試合に連勝し好調を維持するフランス代表
いよいよ数日後に迫ったEURO2020がどのような展開になるのか非常に楽しみですね。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA