ブンデスリーガ2021-2022シーズン開幕戦 レヴァンドフスキの同点ゴールによりバイエルンミュンヘンはドロー発進

2021 2022 - ブンデスリーガ2021-2022シーズン開幕戦 レヴァンドフスキの同点ゴールによりバイエルンミュンヘンはドロー発進

ブンデスリーガ2021-2022

バイエルンミュンヘン – ボルシアMG

ドイツブンデスリーガが開幕しましたね。
昨シーズンのリーグ王者バイエルンミュンヘンはボルシア・メンヘングラードバッハとのアウェーでの一戦となりました。

ホームのボルシアMGは前線にアラサン・プリー、2列目にヘアマン、シュティンドル、ヴォルフを起用するフォーメーション、対するアウェーのバイエルンミュンヘンは前線にレヴァンドフスキ、ニャブリ、ミュラー、サネを起用し、センターバックには新加入のウパメカノ、ズーレを起用するフォーメーションで試合が開始します。

アウェーながらゲームを支配するバイエルンミュンヘンが攻勢のままゲームが進みますが、先制したのはボルシアMGでしたね。
前半10分に右サイドからのアーリークロスのこぼれ球をアラサン・ブリーが落ち着いて左足でゴールを決めています。
バイエルンミュンヘンのディフェンスはクロスボールへの対応が少しちぐはぐな感じがしましたね。

一方のバイエルンミュンヘンは前半終了間際にレヴァンドフスキが右サイドからのクロスボールを右足のダイレクトボレーで合わせ同点とします。

その後も左サイドの快足ウィングバック アルフォンソ・デイビスらが豪快な突破でチャンスを作るも、勝ち越しゴールを決めきれず同点のまま試合終了を迎えています。
シュート数21本を放ち1ゴールはバイエルンにとっては少し物足りない結果かもしれませんね。

今シーズンより新たに指揮を執るナーゲルスマン監督の采配に注目が集まるバイエルンミュンヘン。
次節も非常に楽しみですね。

ゲームハイライト


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。