ジェイドンサンチョ、ハーランドの鮮やかなコンビネーションによりドルトムントはシャルケに圧勝

14710 - ジェイドンサンチョ、ハーランドの鮮やかなコンビネーションによりドルトムントはシャルケに圧勝

ブンデスリーガ2020-2021

ドルトムント-シャルケ04

ドルトムントの若き攻撃陣が好調ですね。
シャルケをホームに迎えてのブンデスリーガの一戦。

ドルトムントはワントップにノルウェー代表ハーランド、2列目にイングランド代表MFジェイドン・サンチョ、ユリアンブラント、レイナを配置するフォーメーションで試合に挑みます。

序盤からゲームを圧倒的に支配するドルトムントは、0-0で折り返した後半からゴールラッシュとなります。
1点目は右サイドの崩しからシュートのこぼれ球をマヌエル・アカンジが押し込み先制します。
そして2点目はハーランドが敵陣中央あたりでボールをキープし、フォローに入ったジェイドンサンチョへボールを預けます。
その直後にハーランドはギアを加速し、シャルケディフェンスラインの裏に猛スピードで飛び込みます。

ボールを持ったサンチョは細かいタッチでゴール前にボールを運び、ペナルティーエリア前でハーランドの前方スペースへスルーパス。
ハーランドの飛び出すスピードを殺さない程度の絶妙なボールが渡り、そのまま持ち込んだハーランドがキーパーの頭上を越す鮮やかなループシュートを決めています。

ジェイドン・サンチョとハーランドの息の合ったプレーと言えるでしょう。
ハーランドの猛ダッシュはサンチョを信頼している表れともとらえられますね。

その後フンメルスがコーナーキックからヘディングシュートを決め、試合は3-0の圧勝となりました。

次節も非常に楽しみです。

ゲームハイライト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。