サッカーを上達させるためにジュニア世代で練習すべき事とは

ジュニア世代で大切なトレーニングとは?

サッカーを上達させるためにジュニア世代で身に付けておかないといけない事とは何だろうか。と考えることがあります。
今回は簡単な練習方法をご紹介したいと思います。

ボールリフティング

いろいろと考えられますが、まず第一に挙げられる事がボールとの親和性の向上、つもりボールコントロールの上達でしょう。

練習方法はいろいろと考えられますが、一人でも可能な最もオーソドックスな練習方法はボールリフティングではないでしょうか。

インステップ、インサイドを中心としたリフティングで正確にミートする事を意識するようにします。
まずは50回、100回を目標にし、それが出来たら1000回と目標回数を伸ばしていく事ですね。

回数を十分にこなす事が出来るようになれば今度はボールを徐々に上に高く蹴り上げてリフティングを続けてみると良いでしょう。

ここで注意しないといけないことはミートするポイントを間違えないということです。

誤ったポイントでリフティングを続けてしまうと、ボールストップ(トラップ)の能力を向上させる事が出来ないからです。

インサイドの場合は足の裏に近い広い面で捉え、インステップの場合は足のつま先近くの広い面でボールをしっかりと捉える事が大切ですね。

つまりのところボールリフティングという練習は空中にボールを一旦蹴り上げてそのボールを自分自身でトラップしてコントロールするという動作の繰り返しなのです。
自分で蹴り上げて自分にパスをして、トラップする感覚に近いでしょうか。

サッカーの基礎能力の一つであるトラップなどのファーストタッチの能力を向上させるためには、ボールリフティングの練習は非常に有効な方法だと考えられます。

トラップなどの技術が思うように身に付かずに悩んでいる方はぜひ基本に立ち戻ってボールリフティングを磨いてみてはいかがでしょうか。


ボールタッチ

ボールリフティングと似ているのですが、自分の足元を見なくてもボールをコントロール出来るように、身体でボールタッチを覚えていくことも大切ですね。

インサイド、アウトサイド、足の裏を使いながら自分の足元からボールを離すことなくなくボールをコントロールし続けるトレーニングをしていきます。

最初はボールを見続けなければ足元からボールがすぐに離れてしまうと思うのですが、練習を重ねていくと、徐々に顔を上げながらボールを動かす事が出来るようになってきます。

試合では敵味方の動きを良く見ながらボールを動かしていく必要があるため、練習を続ければその効果を感じる事が出来るでしょう


正確なインサイドキック

ドリブルの練習も大切ではあるのてすが、パス交換に必要なキックの練習も非常に大切ですね。

理想的な練習は正しい指導方法を理解しているコーチの元、対面でのインサイドキックを正確に蹴れるように練習を続ける事でしょう。

インサイドキックは試合中最も使用する蹴り方であり、ボールを受ける際のトラップの正確さにも関わる事になるため、正確に身に付ける必要がありますね。

ミートするポイント、身体全体を使ったキックのフォームなど、サッカーを本格的に初めるに辺りしっかりと練習して正しい蹴り方をマスターしていきたいですね。

身近にお手本となるような選手がいれば聞いてみると良いかも知れません。
インサイドキックは簡単そうに見えて以外と奥が深いものです。



年齢が上がるにつれてサッカーの戦術的な練習も増えてくると思うのですが、上記に触れたような基礎的な技術が優れている選手は、やはり適応する力も高くなるでしょう。
ジュニア世代の日々の積み重ねがその後の成長を変える事になると言ってもいいでしょう。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA