サッカー以外に陸上、水泳などもおすすめ~子供の発達を促すスポーツ

サッカー以外のスポーツも同時に楽しむ

サッカー選手として将来活躍するために、特に幼少期~小学生年代のうちは様々なスポーツを楽しんだ方が良いと考えています。
特に5歳~12歳の間はゴールデンエイジと呼ばれていて、様々な神経期間が急激に発達する特別な時期と言われています。

そのような時期に身体を動かす事をしていないと、体が十分に発達しないまま成長をしてしまうでしょう。
スポーツに力を入れて育てていきたいとお考えであれば、最初から特定のスポーツだけを子供にやらせるのではなく、様々な体の部位を使うスポーツを経験させてみてはいかがでしょうか。

サッカー以外はどうしてもやりたくないというお子さんであれば仕方がないとは思うのですが、お子さんの脳を刺激するためにも、いつもとは少し違う動きのあるスポーツをやってみるのも身体の発達にはよいことだと考えられます。
 

ではどのようなスポーツがいいのか?

代表的なスポーツは陸上、水泳などでしょう。
当たり前のことですが、サッカーというスポーツは非常によく走るスポーツです。
時には試合中に何回も全力で50メートルをダッシュをし、同時に大人になると1試合を通じて約10キロも走るため、瞬発力、持久力ともに非常に高いレベルで必要とされてきます。

陸上の短距離走を経験していれば早く走る方法などを自然と身に着けることができるでしょう。また水泳という競技を通じて心肺機能(持久力)を高めることも可能になります。

ほかのスポーツも経験をすることで何かサッカーに活かせるヒントのようなものが見つかることもあるでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA