プロサッカー選手に英語スキルは必要なのか

サッカー選手に語学力は必要か?

一流のプロサッカー選手として海外での活躍を目標とするなら、外国語を話せる能力がやはり必要になってくるでしょう。
通訳を介して内容を聞き取ったり、会話をしたりする事で意思疎通を取る事はもちろん可能だとは思うのですが、やはり直接監督やスタッフ、チームメイトと会話をする事で、チームの一員として認められる事になるのではないかと考えられます。
その中でも、様々な国で使用できる英語は世界の共通言語の一つとして、学んでおいて損する事はないと思います。

どのような国々で英語が使われているのかというと、
・イギリス(イングランド・スコットランド)
・アメリカ
・オーストラリア
などの英語を公用語とする国々では当然のこと、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、オランダなどのヨーロッパ主要国でも英語が話せるとかなりの方とコミュニケーションをとる事が出来るでしょう。
 

サッカー用語(英単語)について

サッカーというスポーツは試合中に英単語を発して敵味方、また審判に声をかける事が多いスポーツです。
サッカーの発祥がイギリスという事もあり、英語で語られる事が多いようですね。
試合中や練習中に使用しそうな言葉を挙げてみると以外と多いですね。

【ゲーム中などに何気なく使用する英単語】
dribble、pass、shoot、heading、volley-shoot、over-head、sliding、off-side、slow-in、go、stop、delay、clear、turn、hurry、near、far、goalkeeper、referee、hand、penalty、goal-kick、corner-kick、free-kick、halfway-line、center-circle、ground、offence、wing、midfielder、defense、center-back、side-back、keeper、goal-post、ball、shoes、uniform、pants、supporter、line、simulation、half-time、loss-time、training-match、Practice-shirt、Bibbs、strong、weak、fifty、safety、counter-attack、possession、retreat、marker、change、coach、rough-play、fair-play など

ざっと試合中に使いそうな英単語を挙げてみるだけでもかなりの数になります。
ヨーロッパの主要リーグで長期間活躍していた中田英寿選手や本田圭佑選手や吉田麻也選手などはインタビューなどでも非常に流暢な英語で話していて素晴らしいですよね。
彼らの言動は日本人の存在感を世界中に高めている存在とも言っていいでしょう。

記者インタビュー以外にも選手間のコミュニケーションを頻繁にとる必要があるでしょうし、監督からの戦術的な指示を正確に理解する必要が出てくるでしょう。
チームに溶け込んでいく、チームの真の一員になっていくという過程で語学習得という努力はしていくべきだと思われますね。
 

サッカーに関連する英語を効率的に学習するには

最後に英語を楽しく学ぶおすすめの方法がありますのでご紹介したいと思います。

①海外クラブのサッカースクールに通う

コーチ陣が外国人ですので 英語でのコミュニケーションを自然に受け入れるようになるでしょう。サッカーも学び、英語も学べる。まさに一石二鳥ですね。
こちらでも海外クラブのサッカースクールの特集をしてます。
 海外クラブのサッカースクールのご紹介
 

②サッカーの試合中継を英語実況で見る。

この方法も比較的お手軽に聞くという能力を高める方法の一つでしょう。
実況のアナウンサーはかなり早いスピードで話すため、慣れるのに少し時間がかかりますが、有効な方法とも言えるでしょう。
 

③アプリなどを使い隙間時間を利用して英語学習をする。

今流行しているアプリですが、1日数分から学習を可能にする英語学習アプリがありますね。非常に好評のようですのでご紹介したいと思います。


 
 
仮にサッカー選手という職業には就かなかったとしても、サッカーで培った様々な体力、精神力、人間力に加えて、語学力があれば、様々な企業からお声がかかる事にもなるでしょう。
若いうちからの英語学習をぜひおすすめしたいと考えています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA