UEFACL2021-2022 グループE バイエルンはレヴァンドフスキのゴールなどでアウェーでバルセロナに快勝

uefacl2021 2022 e - UEFACL2021-2022 グループE バイエルンはレヴァンドフスキのゴールなどでアウェーでバルセロナに快勝

UEFACL 2021-2022 グループリーグ

バルセロナ vs バイエルンミュンヘン

UEFACL2021-2022シーズン グループリーグが開幕しましたね。
グループEの初戦 バルセロナはホームにバイエルンミュンヘンを迎えての一戦となりました。

メッシが移籍し、ファティ、アグエロ、ブライトバイテなど、負傷者を多く抱えるバルセロナは前線にメンフィス・デパイ、ルーク・デ・ヨングを起用する3-5-2のフォーメーション、対するバイエルンはレヴァンドフスキをワントップ、2列目にレロイ・サネ、ミュラー、ムシアラを起用するフォーメーションで試合が開始します。

この試合のフォーメーションにも表れているようにバルセロナはチーム全体が迷いの中で戦っているようなゲームでありましたね。
ホームでありながら、攻撃は前線のデパイ、デ・ヨング頼みのような展開に。

3-5-2システムでのスタートではありましたが、守備時には5バック気味となるバルセロナがバイエルンの猛攻に耐えるようなゲーム展開と言ってもいいのではないでしょうか。

先制点や2点目のシーンにも表れているようにペナルティーエリア外からも積極的にゴールを狙いにいくバイエルンの攻撃は非常にスピーディであり、シンブルながら力強さ感じさせてくれるものでした。

バルセロナは敗れはしたものの、今シーズンの新戦力が合流しこれからどのようなチームになるのかクーマン監督の腕の見せ所と言えるでしょう。
一方のバイエルンは監督が交代しナーゲルスマン体制での1年目のUEFACL。
初戦の難敵バルセロナを下し、好スタートを切ったと言えるでしょう。

次節も非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。