ディバラの豪快なフリーキックでユベントスはアトレティコマドリードを下す。

UEFACL ユベントス-アトレティコマドリード

UEFAチャンピオンズリーグ予選リーグ
昨年度から激しい戦いを続けてきた両チームですが、今シーズンも予選リーグで熱い試合が繰り広げられています。

序盤からホームのユベントスはアトレティコマドリードの攻撃に苦しみます。

今シーズンからアトレティコに加入している注目のポルトガル代表ジョアン・フェリックスが前線で効果的な動きを見せ、チャンスを作り出していきます。

圧巻のゴールが決まったのは両チーム得点が奪えない中、前半が終了するかと思ったロスタイムでした。

アトレティコマドリードのゴールラインから2m~3mしか距離が離れていない、コーナーキックとほとんど角度の変わらない位置でユベントスがフリーキックを得ます。
キッカーは左利きの名手アルゼンチン代表のパウロ・ディバラ。

ゴールまでの距離は20mくらいでしょうか。
蹴った瞬間にゴールに突き刺さっていたような感覚に陥るほどのスピードのボールでした。

ボールに回転がかかっており、アトレティコマドリードのキーパーもセンタリングを予想していたのか、反応が少し遅れたようでしたね。

キッカーのディバラもボールを蹴る前はゴールを直視していないようでしたので、うまくキーパーの意識を変える事が出来たのかもしれません。

ボールスピード、変化、コース、どれをとっても一級品のフリーキックでしたね。
このゴールが決勝点となり、勝利を得たユベントス。
決勝トーナメントの試合も非常に楽しみですね。

ゲームハイライト


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA