UEFAネーションズリーグ2022-2023 チェコ代表が2ゴールを奪うもスペイン代表が終盤に追いつきドロー決着

soccer ball on grass field during daytime

Photo by Pixabay on Pexels.com

UEFAネーションズリーグ2022-2023

チェコ代表 vs スペイン代表

UEFAネーションズリーグ リーグA グループ2 第2節
2022ワールドカップにて日本代表と予選リーグで対戦するスペイン代表はチェコ代表との一戦となりました。

スペイン代表は前線にダニ・オルモ、ラウール・デ・トマス、パブロ・サラビア、2列目にガビ、コケらを起用するフォーメーションで試合が開始します

試合は前半早々4分にチェコが右サイドを突破し、ヤクブ・ぺセクのゴールで先制するものの、スペインは前半終了間際にペナルティーエリア右のエリアでボールを受けたガビ(バルセロナ)がワントラップで左足に持ち替え、鮮やかな同点ゴール。

縦に速い攻撃に徹するチェコはカウンターから裏へ抜け出し、後半20分にヤン・フクタ(ロコモティブ・モスクワ)の鮮やかなループシュートから再度逆転のゴールを決めます。

そしてチェコ勝利と思われた試合終了直前、左サイドからのクロスボールにスペイン代表DFのイニゴ・マルティネス(ビルバオ)が合わせ、同点にて試合は終了しています。

スペイン代表のボールポゼッションは試合を通じて80%に迫るなど、中盤の構成力に勝るスペインが圧倒的にゲームを支配する展開となりましたが、素早いカウンタ-からディフェンスラインの裏へ抜け出し、2ゴールを奪ったチェコ代表の巧みな戦いが光るゲームでもありましたね。

日本代表の戦い方の参考になる部分もありそうです。

次節のネーションズリーグも非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。