ネイマール、コウチーニョらの活躍によりブラジル代表は2022カタールワールドカップ南米予選快勝スタート

2022カタールワールドカップ南米予選

ブラジル代表-ボリビア代表

いよいよカタールワールドカップに向けた戦いが本格的に始まっていますね。

国際Aマッチデーに開催された南米ワールドカップ予選。
注目のブラジル代表はボリビア代表をホームに迎えての一戦となりました。

ブラジル代表の試合開始時のフォーメーションは以下の通り。
4-3-3の形でネイマール、フィルミーノ、コウチニーニョらが先発し、現時点でのほぼベストメンバーと言えるでしょう。

FW ネイマール フィルミーノ エヴェルトン
MF D・ルイス カゼミーロ コウチーニョ
DF レナン・ロディ マルキーニョス チアゴシウバ ダニーロ
GK ウェヴェルトン

前半の早い段階でコーナーキックからマルキーニョスが高い打点のシュートで先制するとほぼ一方的な展開になりましたね。
その後圧倒的にゲームを支配するブラジル代表は左ウイングにポジションを取ったネイマールを起点に、何度も好機を生み出します。
ネイマールのドリブルの一瞬のキレは至近距離のカメラから見るとその凄さが改めて伝わってきますね。

逆サイドの右サイドもエヴェルトン、バルセロナで調子を上げてきているコウチーニョらが連動しながらボリビアディフェンスを翻弄していきます。

終わってみればフィルミーノが2ゴール、コウチーニョも1ゴール、1アシストと、5-0の圧勝。
ネイマールのゴールこそ見られませんでしたが、ブラジル代表チーム全体の好調さが伝わってくるゲームでしたね。

次のゲームも非常に楽しみです。

ゲームハイライト




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA