2022ワールドカップ グループB初戦 ジュード・べリンガムらの活躍によりイングランド代表が快勝スタート

close up of globe

Photo by NastyaSensei on Pexels.com

2022カタールワールドカップ グループB

イングランド代表 vs イラン代表

イングランド代表が前評判通りのその強さを見せつけましたね。
Bグループの初戦。最も印象的な活躍を見せていたのはドルトムント所属のMFジュード・べリンガムでしょうか。

軽やかな身のこなしから落ち着いたボール捌きを見せ、イングランド代表の好守の中心としての活躍を見せたジュード・べリンガム。
先制点のヘディングシュートも素晴らしかったですが、試合を通じてイラン代表ディフェンス陣を効果的に揺さぶるボール捌きが素晴らしかったですね。

ピッチの縦と横を広く使いながら、生み出されたスペースを上手く使う攻撃を繰り返し得点を積み上げたイングランド代表

そのパワー・スピードに焦点が当たりがちなイングランド代表ですが、MFジュード・べリンガム(ドルトムント)、途中出場のFWフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)らのプレーはアクセントを加える存在として際立っていましたね。

次戦も非常に楽しみです。

ハイライトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。